映画-Movie Walker > 作品を探す > 海峡、血に染めて

大村隆弘の原作を棚田吾郎が脚色、「峠を渡る若い風」の鈴木清順が監督した海上保安庁の活躍を描いたアクションもの。撮影は「銀座ジャングル娘」の峰重義

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

海上保安大学学生船越洋介は実習生として、生まれ故郷対馬に派遣される連絡船上で、恋人の後を追って対馬に向うひろみという女と知り合った。下船の際、昔洋介の家で働いていたトラから荷物を頼まれた洋介は、中身が闇軍票と知って驚いた。洋介の家では彼の帰りを知って、幼馴染のツギなどが集って洋介の帰りを喜んで待っていた。だが兄克巳だけは何故か暗い表情だった。翌日から巡視艇“いそかぜ”に配属を命じられた洋介は、足立艇長とキャバレー“ヒスイ”に出かけ、克巳がうさんくさい玄洋丸の船員藤井たちと一緒にいるのを見て、不安を感じた。そのキャバレーこそ、密輸の連絡場所として保安部から睨まれていたからである。その夜、克巳はひろみに「弟さんは保安官よ。足を洗ったら……」といわれ、苦悶の表情をうかべた。数日後、洋介は幼馴染の海女ツギと実家に帰り、母と会った。そのころ、“ヒスイ”ではひろみに横恋慕している藤井と克巳が睨み合っていた。まもなく、“いそかぜ”は巡視中に怪しい海竜丸を発見、直ちに追跡したが、その船上に兄克巳の姿を見て洋介は愕然とした。海竜丸は0ラインに逃げ込んでしまった。翌朝、洋介はツギから藤井たちが密航者のあっせんをしていると聞き、密航者を装って乗りこむことを決心するとともに、ツギに保安部への連絡を頼んだ。しかし、洋介は藤井に捕えられた。克巳は自分の行為を悔い、藤井に弟を助けてくれと懇願するが、藤井はその代償としてひろみを要求するのだった。そのころ、ツギの報らせで、“いそかぜ”は全速力で現場に向っていた。海竜丸の甲板で洋介兄弟と藤井一味の死闘が続き、克巳の働きで藤井一味は自滅した。翌朝、自首を決意した克巳を見送るひろみと、洋介のたくましい姿が見られた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 83
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 鈴木清順
原作 大村隆弘
脚色 棚田吾郎
企画 芦田正蔵笹井英男
撮影 峰重義
音楽 大森盛太郎
美術 中村公彦
編集 鈴木晄
録音 沼倉範夫
スチル 式田高一
照明 安藤真之助

キャスト

船越洋介 和田浩治
船越克巳 葉山良二
船越八重 英百合子
勘次 久松洪介
ツギ 清水まゆみ
藤井 浜田寅彦
ネコ松 郷えい治
薩摩 滝恵一
博多 山口吉弘
サブ 土方弘
タメ 武藤章生
箕部 浜村純
浪江 初井言栄
ひろみ 山岡久乃
アヤ 漆沢政子
マリ 大倉節美
深尾 雪丘恵介
根上 伊藤寿章
宇佐美 森塚敏
足立 稲葉義男
佐伯 萩志郎
市村 玉村駿太郎
白須 緑川宏
野中 木浦佑三
高石 高原駿雄
韓国人の中年男 藤村有弘
韓国人の船員 榎木兵衛
海竜号の船員 衣笠力矢
トラ 福田トヨ
通信士 小柴隆
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 海峡、血に染めて