TOP > 上映中の映画作品を探す > ひばり民謡の旅 べらんめえ芸者佐渡へ行く

べらんめえ芸者シリーズの第五作で、須崎勝弥渡辺邦男の脚本を、「続次郎長社長と石松社員」の渡辺邦男が監督した。撮影もコンビの渡辺孝

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

テレビの懸賞に当選した小春姐さんは、新潟行一等車に乗りこんだ。当選者の一行は、彼女の他に三人あり、キザな青年田代、目つきのよくない杉村、そして先日拳闘場で応援合戦をたたかわした男竜太であった。車掌が列車にスリがまぎれこんでいると告げた。小春はまた、年増芸者〆蝶が伯爵令嬢になりすまして乗りこんでいるのにびっくりした。〆蝶は、社長令息と自称する田代とたちまち意気投合した。小春姐さんが財布をスラれた。意気消沈する彼女に、興行ブローカーの倉持が、新潟で民謡リサイタルを開き金をこしらえてはともちかけた。リサイタルは大成功だった。その日、ホテルにチャリンコのお登美という女スリが投宿した。彼女は懸賞旅行の一行にいる自称刑事の杉村を追って東京からやってきたのだ。刑事とは嘘で、杉村も空っ風の政という名うてのスリで、小春姐さんの財布をスッたのも彼だった。小春姐さんは、本性を現わした倉持にいいよられ危いところを竜太に救われた。ところが、彼のポケットから財布が出てきたので呆然とした。もちろん杉村が巧みに投げこんだのだ。竜太は実は今度の佐渡旅行のテレビスポンサー東洋観光の社長令息で、佐渡ロープウェイ建設工事の不正調査のためトラック運転手に身をやつして乗りこんできたのだ。ロープウェイ建設中の巴組出張所長の山田たちは、社長令息になりすました田代を竜太と感ちがいし招待して歓迎した。田代は山田社長の取り出した重要書類にメクラ判を押してしまう。佐渡行きの船中で竜太にスリと見破られ、今は改心した杉村に、小春姐さんと竜太はその事実を報告された。竜太のところへ、東京から東洋観光の大株主の令嬢で許婚者の礼子が後を追ってきたため、竜太の正体がバレた。小春姐さんは、チャリンコのお登美を説きふせ味方に加え、重要書類の入手に成功した。全員の協力で一味の悪事はすべてバレた。礼子は身を退き、小春姐さんと竜太を祝福するのだった。

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 ニュー東映
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 亀田耕司原伸光
脚本 須崎勝弥渡辺邦男
監督 渡辺邦男
撮影 渡辺孝
音楽 米山正夫
美術 近藤照男
照明 神谷興一
録音 加瀬寿士
スチル 鈴木敏夫
編集 祖田富美夫

キャスト

小春 美空ひばり
竜太 高倉健
杉村 木村功
田代 今井健二
〆蝶 星美智子
桃子 春丘典子
染八 滝千江子
坂本 柳永二郎
兵頭 野々浩介
礼子 中原ひとみ
登美 桜京美
山田 石黒達也
平野 大東良
金丸 岩上瑛
倉持 須藤健
列車の車掌 杉義一
ホテルのマネージャー 若杉英二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ひばり民謡の旅 べらんめえ芸者佐渡へ行く