TOP > 上映中の映画作品を探す > 吸血怪人屋敷

「吸血死美人彫り」の続編で、脚本・高田宏治、監督・大西秀明、撮影・鈴木重平と前作の顔ぶれ。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

雪奴の死美人彫りから十万石拝領の鍵を握るものは、甲州、甲武信ヶ丘、魔人の首にあることを知った竜太郎は雌蝶の刺青を持つお志津と共に甲州へ。また、二人の後を追って白魔党と、新たに現われた甲州馬団が十万石を狙って--。甲州へついた竜太郎は叔父滝沢織部正夫妻を訪ねるが、二人は馬団の手にかかって殺害されていた後だった。揚句に竜太郎は甲府勤番から殺人容疑をうけて召捕られてしまった。すでに勤番支配の一統は甲州馬団に買収されていたのだ。竜太郎を追った奉行直属の隠密岩田専介は、金山奉行田村蔵人も砂金を横領、十万石を狙っていることを知った。岩田は岩田を親分と慕う盗賊武州の小徹とさみだれお蝶の力をかり、ある日竜太郎救出に成功した。その時不思議な牢番左兵衛が秘密の出口を教えてくれた。だが、志津はすずめ婆に誘拐されていた。志津を追った岩田は敵の罠に落ちて捕われた。竜太郎は、彼を狙う妖精のような山娘かなえの後をつけて、一味の本陣らしき金山精練所に忍びこんだ。それを知った田村一味は、岩石、志津を囮に竜太郎をも穴蔵に閉じこめ、ダイナマイトを仕掛けて去った。竜太郎は導火線を手練の短銃で吹っ飛ばし二人を救った。そして三人は甲武信ヶ岳の西二千尺のところにある洞穴に向った。そこで、魔人の首の目にあたる空洞から弁天像を見出し、さらに青銅の葵の絞所の在りかも発見、その奥から皮袋に秘められたお墨付を取り出した。しかし、それを知った甲州馬団の一味が現われた。そこへ江戸奉行曲淵甲斐守も手勢を引き連れてかけつけた。竜太郎、岩石先生の豪剣に一味はことごとく倒されていった。その時、甲州馬団の首領、甲州左伝次が短銃をもって現われた。意外、彼は牢番の左兵衛だった。しかし、竜太郎を慕うようになったかなえが、左伝次の短銃の前に立ちふさがって倒れた。左伝次も竜太郎に倒されて、竜太郎は、十万石がいかに人々の慾を誘そうか、その業の深さに十万石を難民にあてたいと奉行に申し出た。そんな竜太郎に志津のそっとよりそう姿があった。

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 ニュー東映
上映時間 69
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 吉辺恒生
脚本 高田宏治
監督 大西秀明
撮影 鈴木重平
音楽 松野国照
美術 塚本隆治
照明 中村清
録音 小金丸輝貴
編集 河合勝巳

キャスト

滝沢竜太郎 山城新伍
岩石先生 尾上鯉之助
武州の小徹 品川隆二
さみだれお蝶 藤田佳子
志津 水木淳子
かなえ 扇町景子
曲淵甲斐守 徳大寺伸
山浪佐次郎 波多野博
甲州左伝次 明石潮
死人六兵衛 瀬川路三郎
毒虫の辰 藤川弘
白刃仙十郎 鈴木金哉
うわばみの五郎蔵 五里兵太郎
すずめ婆 泉春子
中津川日向守 香川良介
車坂玄蕃 尾上華丈
大高志賀之介 藤木錦之助
高崎和次郎 大城泰
中島彦蔵 相原昇三郎
竹中紋十郎 木島修次郎
田村蔵人 堀正夫
榊原 香月凉二
山田 矢奈木邦二郎
立川 香川純
長島 黒部武司
夏目九太夫 疋田圀男
滝沢織部正 浪花五郎
みすず 和歌林三津江
囚人 熊谷武
囚人 石丸勝也
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 吸血怪人屋敷