TOP > 上映中の映画作品を探す > 吸血死美人彫り

「柳生武芸帳(1961)」の共同執筆者・高田宏治の脚本を、「将棋大名」の大西秀明が監督した怪奇時代劇。撮影は「お役者変化捕物帖 血どくろ屋敷」の鈴木重平

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

浪人滝沢竜太郎の父母は十年前、しかけ彫りの名人東方斎の姉娘と共に何者かの手で暗殺された。成人した竜太郎は、東方斎の筆になる大和絵が旗本加賀爪甚五郎邸にあること、父の仇は加賀爪一味と白魔党であることを知った。白魔党に狙われる竜太郎は画家岩石に救われ小町そば屋のお志津姉弟の家にかくまわれた。竜太郎の竹馬の友堀川波太郎は、与力の身で奉行甲斐守の命をうけある秘密を探っていた。それは関ケ原合戦の折の家康公言行録とお墨附目録、滝沢夫妻の暗殺と、さらに、お志津の父、土屋源之助の闇討ち事件の謎であった。そのお墨附とは、関ケ原合戦の功により、滝沢、土屋両家の子孫男女が夫婦になれば十万石を受ける定めとなっていた。黒塚弾正を元兇にいただくすずめ婆、加賀爪、蝮の藤太ら白魔党の一味は、この秘密を知って十万石を奪わんものと、生き残る東方斎の妹娘と土屋源之助の娘の二人を探しだすべく躍起となっていた。その二人とは、竜太郎を慕う芸者雪奴と志津であった。白魔党は、雪奴が東方斎の娘であることを知って雪奴を誘拐、さらに短銃で傷ついた堀川の体とひきかえに、言行録の二巻を交換しようと申し込んできた。竜太郎は一味の根城である諏訪の森に乗り込み、無事堀川を救出するが志津を誘拐されてしまった。雪奴は加賀爪邸の地下牢に幽閉されていた父東方斎にめぐり逢ったが、東方斎は、おまえの背中のいれずみは死美人彫りだと遺言して死んでいった。弾正は息子の主馬と志津を一緒にして十万石を横領せんと、誘拐した志津を強引に主馬と祝言させようとしていた。それを知った画家岩石先生こと奉行直属の隠密岩田専介は、加賀爪邸を捕方と共に囲んだ。竜太郎もまたその邸へかけつけて来た。竜太郎の正義の剣は弾正と主馬を倒してめでたく父の仇を討った。そこへ血まみれで雪奴が転がりこんで来た。がっくりと息絶えた雪奴の背中は、大和絵が消えて代って新しい文字が浮かびあがった。めざすものは、甲州、甲武信岳、魔人の首にあり--これが十万石拝領のために必要な最後の品であった。

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 ニュー東映
上映時間 68
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 吉辺恒生
脚本 高田宏治
監督 大西秀明
撮影 鈴木重平
音楽 松野国照
美術 塚本隆治
照明 中村清
録音 小金丸輝貴
編集 河合勝巳

キャスト

滝沢竜太郎 山城新伍
岩石先生 尾上鯉之助
堀川波太郎 品川隆二
左平次 藤木錦之助
土屋志津 水木淳子
土屋道之助 福本久一
雪奴 扇町景子
千鳥 笹みゆき
曲淵甲斐守 徳大寺伸
東方斎 明石潮
花助 上田寛
黒塚弾正 香川良介
すずめ婆 泉春子
黒塚主馬 倉丘伸太朗
加賀爪甚五郎 堀正夫
唐獅子紋兵衛 相原昇三郎
蝮の藤太 木島修次郎
柏原才次 藤川弘
蒲田三郎次 香月涼二
白魔党員A 野間勝良
白魔党員B 春川純
滝沢対馬 矢奈木邦二郎
滝沢対馬の妻 不二和子
古川伝八 波多野博
刺青師 尾上華丈
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 吸血死美人彫り