TOP > 上映中の映画作品を探す > 女の橋

新橋の名妓小坂順子の同名小説を、「伊豆の踊子(1960)」の田中澄江が脚色し、「斑女」の中村登が監督した女性編。撮影は「続こつまなんきん お香の巻」の倉持友一

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

新橋の芸者たまきは、財界の有力者有本礼助の座敷で知った青年社長川津俊哉に心をひかれた。十五年前、たまきは医者の山名和彦と結婚して孝次を生んだ。和彦は看護婦とし子と関係したまきを裏切った。それ以来、たまきは習い覚えた踊りをもとでに花柳界に身を投じた。川津と関係したたまきは妊娠した。川津のすすめで子供をおろしたたまきは、銀座裏に家を持った。川津の心はたまきからしだいに離れていった。たまきは有本のすすめでバー“ラ・マン・ブランシュ”のマダムになった。川津がたまきの店に来た。彼への思慕は激しく燃えた。川津は冷かった。山名が死んだ報せがきた。大洗にあずけた孝次を訪ね、たまきは自分の心を慰めた。たまきは一人で旅に出た。車で芸者時代に彼女を狙っていた槙と会った。二人は宿を共にした。その後も二人は逢ったが、槙の無軌道ぶりにたまきは失望した。たまきの後輩のきみ子が川津の子供をおろし、槙が借金にきた。たまきは有本に忠告された。たまきは槙と手を切った。川津は秘書の木村を通じて、たまきと再会を申込んできた。たまきはきみ子のことを持出して断った。男の気持を知ったたまきは、孝次を引取り、バーをやめ、母子で暮す決心をした。

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 小角恒雄
原作 小坂順子
脚色 田中澄江
監督 中村登
撮影 倉持友一
音楽 鏑木創
美術 川村芳久
照明 村田政雄
録音 渡部嘉一
編集 太田和夫

キャスト

名取由美(たまき) 瑳峨三智子
川津俊哉 田村高廣
槙泰介 藤山寛美
木村 山本豊三
有本礼助 柳永二郎
山名和彦 佐藤慶
きみ子 北条喜久
看護婦とし子 葵京子
ゆり子 佐乃美子
ちよ子 浅茅しのぶ
「川村」の女将 沢村貞子
佐藤経理課長 青山宏
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 女の橋