映画-Movie Walker > 作品を探す > 東京湾の突風野郎

「俺は都会の山男」のコンビ福田良二七条門の脚本を、「激闘の地平線」の小森白が監督した、ハリケーン・シリーズの第一作。「続性と人間」の岡戸嘉外が撮影した。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京湾を背景にした久富材木店は、不慮の死をとげた父親のあとをついで娘の秋子が切りまわしている。ところが商売仇の極東商事の池上社長らが、父親名儀の借用証をかたに、秋子を困らせていた。そこへ来合せたのはラワン材を運んでいる鉄平と三吉。あまりのことに鉄平は池上たちをやっつけてしまった。池上は久富材木店の番頭大垣と組んで、密輪をやっていたのだが、事毎に邪魔になる秋子の父親を殺し、架空の借用証をでっち上げたのだった。借金の返済に窮した秋子は父親の友人料亭銀月の大久保に用立ててもらい、不足をラワン材を売ろうとしたが、ラワンを運ぶ鉄兵と三吉が、池上らのためにそれを奪われてしまった。遂に久富材木店は強制執行され、秋子は芸者になった。鉄平と三吉は仕方なく極東商事のため働いていた。或る日、鉄平は自分たちをおそったモーター・ボートの一団に、行方不明だった姉静枝に似た謎の女を見つける。また鉄平はその折にラワン材の中の密輸品を発見し、池上たちにねらわれる。鉄平は次々と起る事件と、謎の女性をつきとめるべくさぐって歩いた。謎の女は大久保の料亭銀月にしばしば姿を見せた。遂に彼は謎の女性が姉であり、しかも大久保の情婦であり、大久保こそ、料亭の主人をよそおった、シンガポールとの間で密輸品を取引している密輸団のボスであるという意外な事実をつきとめた。姉の身にも危機が迫った。ここに鉄平は敢然と立ち上り悪漢たちをやっつけたのだ。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 91
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小森白
原案 伍堂徹二
脚本 福田良二七条門
企画 津田勝二
撮影 岡戸嘉外
音楽 古賀政男
美術 小汲明
録音 沢田一郎
スチル 式田俊一
照明 折茂重男

キャスト

汐見鉄平 吉田輝雄
久富秋子 大空真弓
汐見静江 小畑絹子
船山三吉 アントニオ古賀
ハリマオ 国方伝
東京ジョー 高宮敬二
大久保喜八 坂本武
池上 細川俊夫
黒田 渡辺高光
大垣 広瀬康治
志村 小高まさる
松田 中岡慎太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 東京湾の突風野郎