映画-Movie Walker > 作品を探す > 大海原を行く渡り鳥

小林旭の渡り鳥シリーズの第七作で、三原貞修の原作を、「風に逆らう流れ者」の山崎巌が脚色し「でかんしょ風来坊」の斎藤武市が監督した。撮影も「でかんしょ風来坊」の高村倉太郎

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

雲仙高原を馬に揺られながら行くのは、ギターを抱えた渡り鳥の滝伸次だ。伸次の眼下を行く観光馬車が覆面をした三人組に襲われた。伸次は得意のムチで三人を追いはらった。馬車の乗客は、大洋貿易の社長磯部と雲仙観光の経営者信夫の妹・由紀、それに長崎にいる父親を訪ねてきた三木みどりという少女だった。由紀の持っていた観光事業資金一千万円が強奪されていた。みどりの父親三木が、佐世保のキャバレー“バタフライ”のボスであることを知った伸次は、みどりを連れ佐世保に行った。が、三木は知らぬとみどりをつっぱねた。伸次は地下の賭場におりた。外国人・竜のカードはイカサマだった。伸次は側で見ている三木の乾分・哲をしめあげた。馬車強盗の一人だったのだ。哲は平和運輸から頼まれたと口をすべらした。伸次は長崎の平和運輸に乗りこみ、金は無事に由紀に戻った。伸次が帰った後、三木のところに磯部が現われた。磯部は「哲を殺せ、馬車強盗の証拠をなくすんだ」と命令した。さらに三木の後姿を見ながら竜に命令した。「三木を殺せ」と。が、竜はあんな三ン下を殺したら名前にかかわるとはねつけた。その夜、伸次の許へ外国人なまりの電話があり、第三岸壁に行けば面白いものが見られると言った。駈けつけた時は三木も哲も殺されていた。磯部は、雲仙観光の事務員に、竜が惚れている踊子リエを応募させた。信夫はリエの美しさにひかれた。伸次は磯部の手が雲仙観光にのびると察し、鉱石運送員として由紀の許で働くことにした。リエが運搬の路を知らせ、磯部一味が邪魔をするという計画が何度も続いた。ゲルマニューム鉱を満載した馬車が雲仙高原を行く。磯部一味の馬が取り囲んだ。大乱闘。逃げる磯部を、伸次は“バタフライ”まで追った。磯部は由紀に拳銃をつきつけた。竜のツブテが磯部を倒した。長崎の祭、三木とみどり、由紀は楽しそうに踊っている。貨物船の甲板で、伸次の後に立った竜が言うのだった。「おたがいに渡り鳥だせ」--。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 79
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

滝伸次 小林旭
ツブテの竜 藤村有弘
坂井由紀 浅丘ルリ子
秋津リエ 白木マリ
美佐 楠侑子
坂井信夫 青山恭二
磯部 芦田伸介
三木 垂水悟郎
みどり 日下部美帆
良太 木浦佑三
郷えい治
シゲ 弘松三郎
サブ 待田京介
マサ 黒田剛
木村刑事 河上信夫
長井 島村謙次
山下 光沢でんすけ
係長 花村典克
磯部の乾分一 瀬山孝司
磯部の乾分二 倉田栄三
磯部の乾分三 榎木兵衛
磯部の乾分四 矢頭健男
磯部の乾分五 沢美鶴
磯部の乾分六 岡村佳

『渡り鳥』(8作品)

  • 大海原を行く渡り鳥 (1961年4月29日公開)

    小林旭の渡り鳥シリーズの第七作で、三原貞修の原作を、「風に逆らう流れ者」の山崎巌が脚色し「でかんしょ風来坊」の斎藤武市が監督した。

  • 渡り鳥いつまた帰る (1960年4月23日公開)

    小林旭の渡り鳥シリーズの第三篇で、原健太郎の原作を「海から来た流れ者」の山崎巌と大川久男が脚色「白銀城の対決」の斎藤武市が監督したアクション・ドラマ。

  • 口笛が流れる港町 (1960年1月3日公開)

    山崎巌の原作を、「波止場の無法者」のコンビ松浦健郎が脚色し、斎藤武市が監督した小林旭のアクション・ドラマ。

  • ギターを持った渡り鳥 (1959年10月11日公開)

    「0番街の狼」の山崎巌に原健三郎が加った脚本を、「人形の歌」の斎藤武市が監督したもので、小林旭主演のアクション・ドラマ。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 大海原を行く渡り鳥