映画-Movie Walker > 作品を探す > 女王蜂の逆襲

「女巌窟王」のコンビ内田弘三の脚本を、小野田嘉幹が監督したアクション・ドラマ。撮影は「女王蜂と大学の竜」の岡田公直

3/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

関東桜組の女親分桜珠美は桜組の弟分で自殺した大滝組の金竜親分の弔いに鬼怒川温泉にやってきた。珠美は、大滝組を解散、旅館を経営している金竜の息子・慎介から、土地の黒部組の親分・黒部辰造が元湯の権利譲渡を金竜に断わられた腹いせに、いやがらせをされていることを知り、金竜の自殺に不審を感じた。温泉は祭りの最中、賭場を開く黒部組の前に現われた珠美は、そのイカサマをあばくが黒部の乾分に囲まれる。が、そこへ飛び出したのが一人の若い男、無鉄砲の政と名のり、ヤクザどもを投げとばした。そんな折り、黒部の経営するキャバレー“けごん”のマダム蘭子にうつつをぬかしていた花島牧場の伜・順吉は、賭博で借りた金のカタに元湯の権利を共同所有者である慎介に相談もなく黒部に渡してしまった。権利書を返してくれるよう交渉に現われた慎介を一室に閉じ込め、そこへ職探しに来た政に、慎介を消せば雇おうとピストルを渡した。慎介を湖畔に連れ出した政は黒部一家の目前で引き金を引いた。湖に姿を消す慎介。政はその日から黒部の身内になった。慎介の帰らないのを心配して様子を探りにきた珠美は、政に会い真相を聞き出そうとしたが、政は黙って笑うばかり。その政はまた花島牧場に現われ、順吉の妹で慎介の恋人だった麗子に手紙を渡して去った。それを読んで喜びに輝く麗子の瞳。--万事カタがついた、とホクソえむ黒部、その前に二度と帰らぬはずの殺し屋サブが現われた。黒部は何故かサブに会うのをきらい、政にサブをバラセと命じた。湖畔で対決する政とサブ。一瞬サブの手が早く、勝ちほこった彼は“金竜殺しは黒部に頼まれてやった俺の仕事だ”とうそぶいた。が、政はスキを見てサブに挙銃をつきつけ、現われた珠美に身柄を引渡した。ついで政は不審がる珠美をボートに乗せ対岸の別荘へ連れていった。そこには慎介が生きていた。すべては、学生時代、金竜の恩義をうけた政こと地質調査所の技師・田代政一郎のやったことだった。黒部の悪事の一切を知った珠美は大滝組の若い衆を集めて黒部に殴り込みをかけて倒し、政一郎と鬼怒川を後にした。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Return of Queen Bee
製作年 1961年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 82
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小野田嘉幹
製作 大蔵貢
脚本 内田弘三
企画 佐川滉
撮影 岡田公直
音楽 渡辺宙明
美術 宮沢計次
録音 村山絢二
スチル 吉田基芳
照明 矢口明

キャスト

桜珠美 三原葉子
無鉄砲の政 天知茂
黒部辰造 大原譲二
サブ 沖竜次
蘭子 魚住純子
ぽん太 佐々木孝子
麗子 高城美佐
おけらの松 鳴門洋二
ジャズのおとみ 星輝美
順吉 黒丸良
慎介 御木本伸介
新宮寺寛
花島 国創典
千葉 高松政雄
角太郎 広瀬康治
小屋番の親爺 山口多賀志
支配人 宮浩一
中盆 沢井三郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 女王蜂の逆襲