TOP > 上映中の映画作品を探す > 江戸っ子奉行 天下を斬る男

鈴木尚也平田肇の脚本を「若さま侍捕物帳(1960)」の佐々木康が監督した錦之助の時代劇。「家光と彦左と一心太助」の坪井誠が撮影した。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

南町奉行筆頭与力大岡忠真の子忠相は、武家生活を嫌って家をとび出し、貧乏長屋の住人となった。やがて忠さんと呼ばれて長屋の人々に愛されるようになった。となりには三下やくざの宇之吉と妹お栄が住んでいた。忠相は次第にお栄に惹かれていった。土地のボス竜神の虎五郎は、宇之吉に貸した十両の金をたてに、お栄に毒手をのばした。父の忠真は忠相の身を案ずるあまり病の床につき、この世を去った。一度だけ無実の罪の者を死罪にしたことがある、父の職を継いでこの汚名をそそいでくれという遺言状。忠相は再び武士の生活に戻ることにした。お栄は悲しかった。それからひと月、豪商海老屋次右衛門が芝居見物の最中殺された。自首した下手人は意外にもお栄だった。忠相は南町奉行丹羽遠江守に競い出て、管轄外ながら事件の真相究明にのりだした。ある日、忠相は竜神一家に襲われ、重傷を負った宇之吉を助けた。「海老屋を殺したのは俺だ。それを命じたのは竜神の虎五郎、お栄は俺の身代りになって……」といって死んだ。忠相はまたやくざ者の忠さんとなって竜神一家にもぐりこんだ。虎五郎は海老屋の番頭喜兵衛の暗殺を依頼する一方、忠相も殺すよう子分に命じた。忠相は家来の又平に喜兵衛を救出させ、自分は虎五郎の跡を尾行して、時の権勢者宗悦の屋敷に潜入した。奥座敷の海老屋の屋号入りの袋に麻薬が入っているのに気づいた。戻った忠相は、喜兵衛から海老屋殺しの真相を聞き出した。死んだ海老屋は宗悦の命を受けて麻薬の密輸を行って利益をあげたが、やがて独立しようとし、それに気づいた宗悦が虎五郎に海老屋を殺させたのだという。忠相が喜兵衛と奉行所に行こうとした時、高窓から小柄が投げられ、喜兵衛は死んだ。いよいよお栄処刑の日。意を決した忠相は、宗悦の屋敷にのりこんだ。それを迎える竜神一家。その後に北町奉行松前伊豆守。宗悦は北町奉行も一味にだきこんでいたのだ。窮地におちた忠相だったが、南町奉行所の面々が駈けつけて彼らを倒すことができた。罪のはれたお栄は遠江守の養女としてひきとられることになった。忠相の妻になる日も近いことだろう。

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

大岡忠相 萬屋錦之介
お栄 丘さとみ
大岡忠真 東野英治郎
大岡園絵 大川恵子
永川又平 星十郎
宇之吉 田中春男
丹羽遠江守 月形龍之介
高橋兵助 岡田英次
田能村宗悦 進藤英太郎
お粂 日高澄子
竜神の虎五郎 山形勲
松前伊豆守 阿部九洲男
加田哲三 加賀邦男
由松 尾形伸之介
大前均
南方英二
海老屋次右衛門 有馬宏治
千賀 風見章子
喜兵衛 徳大寺伸
大助 中西一夫
おくに 赤木春恵
七兵衛 片岡半蔵
長次 近江雄二郎
役人 長島隆一
大岡家親戚 中村時之介
北町同心 遠山金次郎
牢役人 中村錦司
居酒屋亭主 水野浩
歌舞伎役者 霧島八千代
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/18更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 江戸っ子奉行 天下を斬る男