映画-Movie Walker > 作品を探す > 実録・安藤組 襲撃篇

“実録安藤組”シリーズ三作目。勢力を増した安藤組が起こした組最大の襲撃事件と安藤昇の34日間の逃亡を描く。脚本は「やくざと抗争 実録安藤組」の石松愛弘、監督も同作の佐藤純彌、撮影も同作の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和33年。昭和27年に結成された安藤組は、安藤興業と名を新め、興行関係と賭博を中心に手広く商売をしていた。ある日、丸栄商事社長・先山が中江産業社長の借金取立てを安藤昇に依頼した。だが、借金取立てに行った安藤は、中江に追い帰えされてしまった。早速、安藤は幹部全員を召集し、中江襲撃を取り決めた。そこで赤坂支部長・矢崎は、同準幹部・平田武を呼び出し、中江襲撃を命じた。平田は中江の事務所に忍び込み、中江の肩を目がけて銃弾を見舞い、逃走した。その頃、安藤と子分の勝は熱海の旅館に待機しており、矢崎の知らせによって中江襲撃が終ったことを知った。翌日、銀座署小沢警部等は安藤興業の家宅捜査に乗り込むが、安藤の行方は判らなかった。警視庁は安藤の逮捕に全力を投入、安藤の自宅、情婦の家を次々と家宅捜査した。やがて、愛人の圭子と逃亡中の平田、矢崎たち幹部が逮捕されていった。一方、安藤は情婦・康子、友人の田所の家を転々とし、葉山の別荘にひそんでいた。だが、警察は安藤が葉山に逃亡していることを知り、武装警官数十人で葉山へ向った。その日、安藤と幹部の水木がのんびり将棋をさしている時、警官隊がなだれ込んで来た。無抵抗のまま逮捕される安藤。ここに、安藤昇の34日間にわたる逃亡に終止符がうたれた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 93
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 佐藤純彌
原作 安藤昇
脚本 石松愛弘
企画 吉田達
撮影 仲沢半次郎
音楽 日暮雅信
美術 北川弘
編集 田中修
録音 井上賢二
スチル 加藤光雄
助監督 岡本明久
照明 川崎保之丞

キャスト

安藤昇 安藤昇
矢崎幹夫 梅宮辰夫
小山雄二 藤山浩二
須山明 袋正
水木道夫 安岡力也
平田武 郷えい治
小野田 小林稔侍
花田達
川村 堀田真三
ジロー 沢田浩二
江本 須賀良
中江昭麿 中丸忠雄
天野政道 水島道太郎
先山 深江章喜
康子 藤浩子
文子 中村英子
絹子 光川環世
マダム 真湖道代
圭子 渡辺やよい
児島の女房 小林千枝
銀座署長 近藤宏
捜査二課長 植田灯孝
小沢警部 八名信夫
杉山刑事 上田忠好
消防官 山田甲一
バーテン 畑中猛重
田所 北川恵一
田所の妻 竹村清女
刑事部長 河合絃司
警視総監 山岡徹也
児島 丹波哲郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 実録・安藤組 襲撃篇