映画-Movie Walker > 作品を探す > 必殺仕掛人 梅安蟻地獄

“必殺仕掛人”シリーズ第二作目。江戸時代、被害者の晴らせぬ怨みを代りに晴らす仕掛人の活躍を描く。原作は池波正太郎の同名小説。脚本は宮川一郎、監督は脚本も執筆している「必殺仕掛人」の渡辺祐介、撮影も同作の小杉正雄がそれぞれ担当。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 50% (1)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

鍼医者・梅安は、ある夜、一人の浪人に本道医師・宗伯と間違えられて襲われた。人違いと知ったその浪人は闇に消えた。数日後、梅安は仕掛の元締・半右衛門から伊豆屋長兵衛の暗殺を頼まれた。伊豆屋は五年前に江戸に来て以来、急速に財をなしており、その私生活は謎につつまれていた。ある日、梅安は伊豆屋と宗伯が密会しているのを張り込んでいたところ、先日の浪人も宗伯を見張っていた。浪人は小杉十五郎と名乗り、薄幸な女郎お仲の母を犯し自殺に追いやった宗伯を狙っていたのだった。やがて調査で宗伯と伊豆屋の過去が判明した。伊豆屋は紀州家の侍であったが、藩内部の政権争いで、二人の家老のために宗伯から毒薬を手に入れ、藩主を秘かに毒殺したのだった。以後、侍を捨てた伊豆屋は、家老から金を強請っていたのだった。伊豆屋の仕掛を依頼したのもその家老だった。一方自分たちが狙われていると察知した伊豆屋は、宗伯を甲府へ逃がし、他の仕掛人に梅安、小杉の殺しを依頼した。梅安の家に罠が仕掛けられた。帰って来た梅安と小杉に襲いかかる殺し屋たち。それは一度入ったら抜けられぬ蟻地獄だった。危機に立つ二人だったが、かけつけてきた半右衛門の助けでどうやら助かった。殺し屋の一人から宗伯の居場所を聞き出した小杉は、すぐ後を追い、斬った。祭りの夜、やぐらの上で銭まきをしていた伊豆屋が転落した。騒ぎをよそに、面を被った梅安が、くわえた針を納め、人ごみを離れた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 91
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 渡辺祐介
製作 織田明
原作 池波正太郎
脚本 宮川一郎渡辺祐介
撮影 小杉正雄
音楽 鏑木創
美術 森田郷平
編集 寺田昭光
録音 中村寛
スチール 小尾健彦
助監督 白木慶二
照明 佐久間丈彦

キャスト

藤枝梅安 緒形拳
小杉十五郎 林与一
音羽屋半右衛門 山村聡
伊豆屋長兵衛 佐藤慶
山崎宗伯 小池朝雄
岬の千蔵 津坂匡章
おりん 松尾嘉代
お仲 津田京子
おもん ひろみどり
おみつ 岩崎和子
おとよ 志賀真津子
おきん 野村昭子
稲葉丹後 穂高稔
山根主膳 生井健夫
豊五郎 城所英夫
富五郎 中田耕二
趣後屋平左衛門 明石潮
備前屋庄右衛門 湊俊一
女房お里 村上記代

『必殺仕掛人』(3作品)

  • 必殺仕掛人 (1973年6月9日公開)

    法に代って、庶民の怨みを晴らす“殺しの代行者”仕掛人の活躍を描く、池波正太郎原作、同名のテレビ・ドラマの映画化。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 必殺仕掛人 梅安蟻地獄