TOP > 上映中の映画作品を探す > 色情旅行 香港慕情

海外旅行ブームにわく香港を舞台に、刺激を求めて香港に蒸発した団地妻を描く。脚本は「昼下りの情事 古都曼陀羅」の中島丈博、監督も同作の小沼勝、撮影は「濡れた荒野を走れ」の山崎善弘がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

章子は諸橋と熱い愛の結合に酔いしれていた。だが、夫・浅利住夫との仲は何の変化もなかった。ある日、諸橋は仕事で香港に出張した。時を同じくして章子が姿を消した。妹・匠子の話では香港旅行に出かけたのだと言う。信じられないままに住夫は香港へ飛ぶが、何の手がかりもなかった。そんなある日、香港で知り合った矢吹という男から章子が見つかった、と連絡が入った。だが、その女はまるで章子と瓜二つの春玲という売春婦だった。彼は思わず「章子!」と叫んで春玲を抱いた。やがて矢吹は住夫にアパートを手配し、無理矢理麻薬注射をして、住夫の帰りの飛行機代をも取り上げてしまった。矢吹は、観光にやってくる日本の女をだましては売春婦として売り飛ばしているのだ。カモを捜していた矢吹は、若い日本女を住夫のアパートに連れ込み犯した。すっかり麻薬中毒におち入っていた住夫は、犯されている女を見て愕然とした。匠子ではないか。一瞬、住夫は目ざめた。匠子は、章子と諸橋が香港で心中した、というエア・メールを持っていた。二人は警察病院へ急行したが、そこには変りはてた章子の姿しかなかった。諸橋は章子を置いて逃げたのだ。怒り狂った住夫は傍の拳銃を握りしめた。住夫がアパートに帰ると、矢吹が諸橋を見つけ連れて来ていた。諸橋は章子と死ぬつもりはなく、彼女は住夫にセックスを教わりすぎ、刺激を求めに香港まで来た、と言う。狂った住夫は諸橋の胸に拳銃をつきつけた……。

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 69
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 伊地智啓
脚本 中島丈博
監督 小沼勝
撮影 山崎善弘
音楽 月見里太一
美術 若松正雄
録音 福島信雅
照明 新川真
スチール 目黒祐司
編集 山田真司
助監督 八巻晶彦

キャスト

室井匠子 小川節子
君子 片桐夕子
浅利章子 宮下順子
住夫 井上博一
矢吹豪 やかた和彦
諸橋郁也 清水国雄
添田邦道 白井鋭
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 色情旅行 香港慕情