TOP > 上映中の映画作品を探す > おさな妻の告白 陶酔 クライマックス

体を売ることでしか生活の糧を得る方法を知らない女が、生まれて初めて幸福を掴もうとするが、やがて、それは虚しく消え去ってしまう……。脚本は「おさな妻の告白 衝撃 ショック」のいどあきお、監督も同作の西村昭五郎、撮影は「陽は沈み陽は昇る」の山崎善弘がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

夕子は刑務所に入った恋人を忘れるため、房総の港町のバーで働いていた。だがバーとは名ばかりで、体を売るのが本職のような店である。この町の団地建設現場で働いている植野は、根なし草のように飯場を渡り歩く自分に嫌けがさし、行くさきざきの町の女を漁っては自分をいやしていた。ある日、植野はバーで夕子を知った。夕子は何故か昔の恋人を想い出させる植野にいつしか惹かれていた。だが、夕子の馴染み客、安田が本気で彼女を愛しているのを知っている植野は、夕子には手を出さなかった。やがて、夕子は安田の熱心さに負け、一緒にアパート生活を始めた。たとえ小さな家庭であろうと、それは夕子にとって生まれて初めての幸福な生活だった。しかし、ある日、夕子の前の仕事を知った安田の兄・武男が強引に夕子を犯してしまった。一方、植野は関係していた人妻美根子に嫌気がさして、彼女の住む団地中に二人の浮気をバラしてしまった。家庭を破壊された美根子は狂い、植野を包丁で刺した……。二人の愛する男を同時に失った夕子は、思い出をふり切るために、一人、町を去って行くのだった……。

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 69
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 福田慶治
脚本 いどあきお
監督 西村昭五郎
撮影 山崎善弘
音楽 奥沢散策
美術 渡辺平八郎
録音 橋本文雄
照明 小林秀之
スチール 寺本正一
編集 辻井正則
助監督 長谷川和彦

キャスト

丸根夕子 片桐夕子
杉森美根子 丘奈保美
百合 吉井亜樹子
君子 相川圭子
酔った男 青空はるお
植野太治 風間杜夫
銀子 浦川アイ
杉森浩一郎 露木護
安田伸夫 清水国雄
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > おさな妻の告白 陶酔 クライマックス