映画-Movie Walker > 作品を探す > 不良少女 野良猫の性春

上京した田舎娘が、都会のハゲ鷹たちに弄ばれながらも、そのバイタリティで力強く生きていく姿を描く。脚本は「女子大生 セクシー・ダイナマイト」の宮下教雄、監督は「実録白川和子 裸の履歴書」の曽根中生、撮影は「昼下りの情事 古都曼陀羅」の前田米造がそれぞれ担当。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京の大学に行っている恋人の正夫と一緒に東京へ行く約束で赤城村の駅まで来た鳩子は、正夫にスッポカされ、一人で上京した。新宿駅に着いて雑踏にとまどっている鳩子に、ゴマメが目をつけ、彼のアパートへ連れていき、彼女に挑みかかった。ゴマメを信じきっている鳩子は、ゴマメの仲間、ベッドとプロが抱きついてきても、何の抵抗もしなかった。翌日、鳩子の金をバッグから抜き取ったゴマメは、彼女に靴を買ってやったが、自分の金とも知らない鳩子は大感激。その夜、ゴマメは鳩子を一人アパートへ置き、昔の女、お常のアパートへ行った。三日間彼女の猛攻にへトヘトになった甲斐があり、彼女の金を盗んで、鳩子の待つアパートへ帰った。数日後から鳩子は、ソープランドで働くことになった。が、ゴマメが競馬のノミで損をした肩代りに、北栄会に鳩子を連れていかれてしまった。以来、まったく目のでなくなったゴマメは、ある日、鳩子がドサ廻りの女剣戟の一座で、レズショウをしていると聞いて、田舎町を彼女を求めて探しまわるのだった……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 70
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 曽根中生
脚本 宮下教雄
企画 福田慶治
撮影 前田米造
美術 川原資三
編集 辻井正則
録音 福島信雅
スチール 寺本正一
助監督 高橋芳郎
照明 川島晴雄

キャスト

丸山鳩子 片桐夕子
ゴマメ 江角英明
お帯 大山節子
ストリッパー 小森道子
ベッド 三都徹
五郎 沢田情児
正夫 影山英俊
松田 高橋明
プロ 木夏衛
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 不良少女 野良猫の性春