映画-Movie Walker > 作品を探す > 緋ぢりめん博徒

“ポスト藤”としてデビューした中村英子主演第一回作品。明治中期の関東を舞台に、やくざの世界に身をおく五人の女侠の赤裸々な生き方を軸に、義理と人情の波間にただよう女の哀しさとエロティシズムを描く。脚本は「極道罷り通る」の高田宏治、監督は「怪談昇り竜」の石井輝男、撮影は「女番長ゲリラ」の赤塚滋がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

浦和・新川一家に対する一宿一飯の義理から、東京砂町の榎屋一家の親分三右衛門を斬った美貌の女博徒、鬼百合のお勝が、五年間の刑を終えて出所したのは明治十五年の秋であった。お勝は、服役中に知りあった、流山の江戸幸組の娘お秀を訪ねる途中、金町の帝釈天一家の賭場へ立ち寄った。ところがお勝に一目惚れした帝釈天牛五郎は、イカサマ賽をつかってお勝を負かし、お勝の身体を自由にしようと企む。しかし、丁度居合せた盲目の女博徒、波千鳥のお紋の気転により、お勝は危機を脱した。やがて、お勝とお紋は江戸幸にわらじをぬいだ。江戸幸は渡世から足を洗い船荷の仕事をしており、親分の急死の後、お秀が一人で取りしきっていた。そんな江戸幸の縄張りに目をつけた水神一家の吉五郎は、弟分の牛五郎と結託し当時東京から進出して来た新川組を喰い止める事を条件に縄張りを明け渡すようお秀に詰め寄る。しかし、お秀は二人の申し出を断り、単身新川一家に殴り込みをかけた。そして、見事親分辰造を叩っ斬るが、用心棒の佐倉政之進にあえなく倒されてしまった。一足遅く駆けつけたお勝は、お秀の仇を討つべく政之進と対決するが、とうてい政之進の敵ではなく、一撃のもとに気を失ってしまった。お勝の美しさに理性を失った政之進は突然、お勝を抱きしめた。ところが、この政之進こそお勝がまだ十歳の頃、両親に死なれ、一人戦場をさまよっているのを助けてくれ、それ以来女博徒になってまで、その面影を追っていた青年武士だったのである。お勝の唯一の夢は無残にも消え、夢は憎しみへと変っていった。一方、お秀が死に、新川一家が壊滅したのを知った吉五郎たちは一気に、江戸幸へ殴り込み、お紋をも惨殺してしまう。怒り心頭に達したお勝は、水神一家へ。しかし、多勢に無勢、返り討ちになろうとするところを皮肉にも政之進が窮地を救う。政之進の助勢を得たお勝は、怨みの長脇差を吉五郎、牛五郎へと突き刺していった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 石井輝男
原案 団鬼六
脚本 高田宏治
企画 俊藤浩滋日下部五朗
撮影 赤塚滋
音楽 鏑木創
美術 富田治郎
編集 市田勇
録音 荒川輝彦
スチール 諸角義雄
助監督 清水彰
照明 北口光三郎

キャスト

鬼百合のお勝 中村英子
江戸川お秀 土田早苗
波千鳥のお紋 藤浩子
ハイカラお仲 池玲子
流れ星のお蘭 松平純子
おりゅう 星野みどり
お妻 堀越光恵
夏江 女屋実和子
花輪の次郎 唐沢民賢
近藤錦一 北斗学
ども松 大木晤郎
お多福吉三 畑中伶一
竹本増衛門 中村錦司
佃の徳松 山城新伍
滝川警部 沼田曜一
岡島刑事 疋田泰盛
川端刑事 土橋勇
水神吉五郎 小池朝雄
鬼神の源蔵 岩尾正隆
安吉 丘路千
多助 蓑和田良太
三次 福本清三
帝釈天牛五郎 名和宏
亀有の弥造 宮城幸生
新川辰造 大木実
荒木田藤助 楠本健二
榎屋三右衛門 矢奈木邦二郎
市五郎 毛利清二
宝井甚兵衛 村居京之輔
田島刑吏 秋山勝俊
女郎 司京子
佐倉政之進 菅原文太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 緋ぢりめん博徒