映画-Movie Walker > 作品を探す > 一条さゆり 濡れた欲情

今年の春引退した関西ストリップの女王・一条さゆりと彼女に対抗意識を燃やす新人ストリッパーとのドラマで、劇中一条さゆりのおハコともいうべき“花笠お竜”“緋牡丹お竜”“ローソクショー”などを披露。なお、引退興業で逮捕された上演場面も再現する。脚本・監督「濡れた唇」の神代辰巳、撮影は「白い指の戯れ」の姫田真佐久

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大阪の下町野田にある吉野ミュージック劇場での一条さゆりの引退興行には、若いストリッパーはるみも出演していた。はるみはレスビアンショーから脱皮し一人立ちするという目的がある。そんなはるみにはやくざの恋人大吉がいた。はるみはレズショウのコンビであるまりにコンビの解消をせまるが、まりのヒモである男はめしの食いあげだと反対した。一度いいだしたらあとにはひかないはるみに怒った勇は、はるみを殴り倒す。そんな勇を大吉はドスで刺し、刑務所へ入る。やがてはるみは必死にローソクショーに取り組み、一本立ち出来るストリッパーに成長していった。そして吉野ミュージック一条さゆり引退興行へ出演することになったのである。さゆりは次々とおハコを演じ、ラストのオープンをした瞬間、フラッシュがたかれた。曲の終了後、刑事に踏み込まれさゆりは楽屋で逮捕され、はるみもまた逮捕された。現在一条さゆりは引退し、ささやかにすし屋を開きながら、被告として裁判を待っている。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 69
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 神代辰巳
脚本 神代辰巳
企画 三浦朗
撮影 姫田真佐久
音楽 世田のぼる
美術 土屋伊豆夫
編集 鈴木晄
録音 建部日出夫
スチール 寺本正一
助監督 上垣保朗
照明 直井勝正

キャスト

一条さゆり 一条さゆり
はるみ 伊佐山ひろ子
まり 白川和子
大吉 粟津號
高橋明
二郎 小見山玉樹
酔っぱらい 中平哲仟
ラーメン屋 小沢昭一
婦警 絵沢萠子
呼込み 中田カフス
呼込み 中田ボタン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 一条さゆり 濡れた欲情