映画-Movie Walker > 作品を探す > 女囚701号 さそり > レビュー

投稿レビュー(2件)女囚701号 さそりは星4つ

「女囚701号 さそり」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

復讐のためなら、耐えるナミ (投稿日:2014/2/22)

1972年作品。戦後一所懸命で頑張った日本も、まじめでないものを、楽しめるようになりつつあった時代。原作は漫画だが、東映歴史ポルノ的作りをいれながら、梶芽衣子の文字通り体当たりの演技が特長。渡辺やよい、片山由美子らが顔を揃え、三原葉子にいたっては、凄いのか酷いのか。やっぱり凄い!女囚刑務所の実態とかいうが、江戸時代の牢獄のよう。ありえへんとこが面白い。
演出面では前衛的でもあるが、昔みたテレビドラマのプレイガールを思い出す。音楽や効果音も、よく聞いたような。サイケ、エログロナンセンスが、流行った頃かしら。»ガイドライン違反報告

投稿:矢口渡

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

やられたらやりかえす! (投稿日:2007/2/6)

▼ネタばれ(クリックして読む)

若い梶芽衣子がすごく綺麗!
でも何故か喋らず・・・自分を裏切った男への復讐心をメラッメラ燃やしながら、女刑務所で壮絶なイジメに耐えまくります。

出てくる登場人物が濃いすぎ!イキナリ鬼女メイクで襲い掛かる女や、雷様?と突っ込まずには居られない髪型の女。男三人を輪姦(!)しちゃう女共もいれば、意地悪刑務間は懲罰と称して外での穴掘り(なぜ?)を命じてるし・・・(しかもすぐに埋めさせやがんの)
だけど一番濃いぃのは梶さん!オッパイ片方丸出しで、警察署の前で元彼に切りかかっていきます。

トンデモ映画なんだけど目が離せない!ぜひ大勢で観て、どっかんどっかん突っ込んでほしい作品です。»ガイドライン違反報告

投稿:こさカメ

評価:5
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 女囚701号 さそり > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る