TOP > 映画作品を探す > 黒の奔流

殺人容疑で法廷に立たされた薄幸の女と彼女を無罪とするのに成功した弁護士との愛憎を描く。原作は松本清張の小説『種族同盟』の映画化。脚本は国弘威雄、監督は脚本も執筆している「ポルノギャンブル喜劇 大穴中穴へその穴」の渡辺裕介、撮影は「剣と花」の小杉正雄

4/5
総評価数 3
レビュー 2
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある殺人事件の裁判が始まった。事件とは多摩川渓谷の旅館の女中、貝塚藤江がなじみの客を崖から突き落した、というのである。しかし藤江はあくまでも無罪を主張した、が、状況的には彼女の有罪を裏付けるものばかりだった。この弁護を担当したのが矢野武である。矢野はこの勝ち目の薄い事件を無罪に出来たら一躍有名になり、前から狙っている弁護士会々長・若宮正道の娘朋子をものにできるかもしれない、という目算があったのである。弁護は難行したが、藤江に有利な新しい証人が現われ、矢野は見事、無罪判決を勝ら取る。そして矢野の思惑通り、マスコミに騒がれるとともに、若宮と朋子の祝福を受け、若宮は朋子の結婚相手に矢野を選ぶのだった。一方、藤江を自分の事務所で勤めさせていた矢野は、ある晩、藤江を抱いた。藤江は今では矢野への感謝の気持ちが思慕へと変っていたのである。やがて藤江は矢野が朋子と結婚するということを知った。藤江が朋子のことを失野に問いただすと、矢野は冷たく「僕が君と結婚すると思っていたわけではないだろうね」と言い放ち、去ろうとした。そこで藤江は、あの事件の真犯人は彼女であること、もし矢野が別れるなら裁判所へ行って全てを白状すると逆に矢野を脅迫する。矢野は憔悴の夜を送った。藤江はやりかねない。それは矢野の滅亡を意味する。やがて矢野は藤江に対して殺意をいだく。翌日、矢野は藤江に詫びを入れ、旅行に誘うと、藤江は涙ながらに喜び、数日後、富士の見える西湖畔に二人は宿をとった。藤江は幸福だった。翌朝、矢野は藤江を釣に誘った。人気のない霧の湖上を二人を乗せたボートが沖へ向った。矢野が舟を止めると矢野の殺意には既に気が付いていたと藤江がつぶやいた。矢野は舟底のコックを抜いた、奔流のように水が舟に入って来る。矢野が脱出しようとした瞬間、藤江の体が矢野の上にのしかかり、矢野の悲鳴が上った。「先生を誰にも渡さない!」藤江の頬には止めどなく涙が流れた。折りしも流れて来た濃い霧の中に慟哭とともにボートと藤江と矢野の姿は消えていった。

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 猪股尭
原作 松本清張
脚本 国弘威雄渡辺祐介
監督 渡辺祐介
撮影 小杉正雄
音楽 渡辺宙明
美術 森田郷平
録音 中村寛
照明 佐久間丈彦
スチール 金田正
編集 寺田昭光
助監督 白木慶二

キャスト

矢野武 山崎努
貝塚藤江 岡田茉莉子
岡橋由基子 谷口香
若宮正道 松村達雄
若宮早苗 福田妙子
若宮朋子 松坂慶子
北川大造 中村伸郎
楠田誠次 中村俊一
阿部達彦 穂積隆信
三木 玉川伊佐男
倉石 佐藤慶
松本 河村慶一郎
細川 大久保敏男
竹内 高木信夫
太田美代子 岡本茉利
杉山とく 菅井きん
杉山娘 金子亜子
今村カツ子 伊藤幸子
小坂清子 水木涼子
和江 藤田純子
管理人 秩父晴子
記者 園田健二
記者 岡本忠行
記者 江藤孝
運転手 谷村昌彦
廷吏 高畑喜三

レビュー

松本清張原作

投稿者:たっかん

(投稿日:2014/11/5)

山崎努、岡田茉莉子、松坂慶子など出演者はなかなか揃っていたも…

[続きを読む]

支持者:1人

岡田茉莉子の眼差しの演技がこわい。

投稿者:映画さらんはだ

(投稿日:2013/6/9)

自分を弁護してくれた辣腕の若手弁護士にひかれてゆく女の思いを…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 黒の奔流