TOP > 上映中の映画作品を探す > 雁(1921)

「扉の後」などの原作者ガヴァナー・モリスの原作をドナー・ダーレルが脚色し、アルバート・カペラーニが監督した社会劇で、主役は「三銃士(1921)」で久しぶりに紹介されたメアリー・マクラレン。ホームズ・イー・ハーバートが相手役をつとめている。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

雁という鳥は夫婦の情が濃かな鳥であって一方が相方を失った時には嘆きの余り自分の身さえ滅ぼすほどである。それは人間の良き種類即ち誠の心を持つ人々の典型である。ニューヨークロング・アイランドに住む有名な書家フランク・マナーズの妻ダイアナは良人から非常に愛されていたにかかわらず我侭に育ったため、人間の真の愛を知ることが出来なかった。富豪ヘースティングス家の晩餐に招かれた際、知り合いになったフェンという男の甘言に乗せられ良人の愛を振り捨て、1人娘を連れてその男と家出を計った。書家フランクは妻を失ったことを悲んだ揚げ句、思いつめて2人を殺そうとまで決心したが、富豪の妻に慰められて思いとどまり、悪人のフェンは富豪の犠牲的行為によって非業な最後を遂げる。迷いの夢から醒めたダイアナは始めて人生の真の幸福を悟り、良人の元へ帰って来たので家庭は以前にも勝る楽園にかえり子供の心も傷けずにすんだ。

作品データ

原題 The Wild Goose
製作年 1921年
製作国 アメリカ
配給 松竹輸入
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 雁(1921)