映画-Movie Walker > 作品を探す > 徳川セックス禁止令 色情大名

フランスのポルノ女優サンドラ・ジュリアンの東映作品出演二作目。江戸時代、唐島藩城主が、セックスの快感を独占すべく発令した“閨房禁止令”をめぐっての大騒動を描いた、艶笑喜劇。脚本は「喜劇 女売り出します」の掛札昌裕。監督は、脚本も担当している「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」の鈴木則文。撮影は「まむしの兄弟 懲役十三回」の増田敏雄がそれぞれ担当。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 50% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

時は十一代将軍徳川家斎治世の頃。家斎五十四番目の息女清姫が、九州唐島藩城主小倉忠輝に降嫁と決定した。ところが、この忠輝、三十四才にして格別の女嫌いで、すっかりノイローゼ気味。こんな状態で、初夜を向かえたが、清姫は無骨な忠輝にすっかり憤慨する。家老米津勘兵衛は、姫の機嫌を直す手段として、忠輝を女好きにする以外に方法が無い、と判断、博多屋に依頼する。秘事にたける博多屋は、フランス娘サンドラを献上する。彼女の煽情的な姿態とテクニックで忠輝は完全にセックスの虜となる。ある日城下を視察した際、セックスの快楽に浸っている庶民を見、我が身の窮屈さに大いに憤満を抱き、前代未聞の“閨房禁止令”を発令する。当然、違法者が続出し、毎日処刑が行われた。一方、責任を感じた清姫は、サンドラにテクニックを伝授してもらうが、いつの間にか互いに魅かれ合うのだった。その夜、博多屋の加虐に耐えかねたサンドラは他の異国人たちと博多屋を殺害する。無情の掟の前に、サンドラは、はりつけ、処刑されてしまう。忠輝は、深く反省。ようやく禁止令のおろかさを悟るのだった。かくして“閨房禁止令”は廃止され、城下の家々、田や畑は、睦みあう男女でいっぱいである。一方、忠輝は、目出たく清姫のもとに戻り、閨を共にするが、陶酔のうちに絶命する。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

原題 The Erotomaniac Daimyo
製作年 1972年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 89
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 鈴木則文
脚本 掛札昌裕鈴木則文
企画 天尾完次
撮影 増田敏雄
音楽 荒木一郎
美術 雨森義允
編集 神田忠男
スチール 諸角義雄
助監督 依田智臣
照明 中山治雄

キャスト

清姫 杉本美樹
藤浪 三原葉子
梅乃 女屋実和子
池島ルリ子
お美代 城恵美
お艶 衣麻遼子
小倉忠輝 名和宏
米津勘兵衛 殿山泰司
源太郎 山城新伍
博多屋 渡辺文雄
森田勝馬 成瀬正孝
沢木陣吾郎 大泉滉
桑原兵部 那須伸太朗
水城桃夕 水城ゆう子
榊原妥女 川浪公次郎
矢部嘉内 熊谷武
奥目の八 岡八郎
徳川家斎 田中小実昌
マハリヤ オードリー・クルーズ
サンドラ サンドラ・ジュリアン
祝言を挙げる夫婦 鳳啓助
祝言を挙げる夫婦 京唄子
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 徳川セックス禁止令 色情大名