映画-Movie Walker > 作品を探す > 現代やくざ 血桜三兄弟

全国制覇を狙う大阪誠心会とそれに対抗するチンピラやくざの抗争を描く「現代やくざ」シリーズ第四作。脚本は「カポネの舎弟 やまと魂」の野上龍雄。監督は「セックスドキュメント 性倒錯の世界」の中島貞夫。撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

全国制連を狙う広域暴力団大阪誠心会は広島、金沢、浜松と制覇、つづいてその狙いを岐阜に向け、鉄砲玉川島譲次を送り込んだ。譲次の傍若無人の態度に岐阜広道会の邦夫と宏はいきりたつがどうしようもなかった。翌朝、誠心会幹部、大坪と辺見が岐阜に到着し、三人は八百長競馬を計画してノミ屋の宏を通じて三百万を投じた。三人は配当金として八千万を要求した。広道会三宅会長は、関東中央会の応援を求めると共に邦夫の兄で今はかたぎの武に譲次殺しを依頼した。しかし、譲次は、恋人の君枝を譲次に奪われたバーテンの信男に刺殺されてしまう。この事件は、誠心会と広道会の抗争をエスカレートさせた。誠心会との喧嘩じたくのために広道会事務所はごった返した。一方、誠心会の組員も続々岐阜に集結した。しかし、中央会の応援が期待できないことを知った三宅は、誠心会の意を呑むべく、邦夫と宏を殺すことを手土産に誠心会に向った。一方、邦夫、宏、信男の三人は襲いかかる組員の手を逃れて武にかくまわれた。「岐阜は誰にも渡さん」と立ちあがった四人は、三宅、大坪、辺見たちが合っているレッド・ムーンへ向った。惨劇の中、幹部を刺した三人は血の海にのめり込んだ。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1971年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 96
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 中島貞夫
脚本 野上龍雄
企画 俊藤浩滋日下部五朗武久芳三
撮影 増田敏雄
音楽 山下毅雄
美術 吉村晟
編集 宮本信太郎
録音 中山茂二
スチール 杉本昭三
助監督 深尾道典
照明 井上孝二

キャスト

小田武 菅原文太
小田邦夫 伊吹吾郎
谷村宏 渡瀬恒彦
信男 荒木一郎
政美 松尾和子
三宅久市 河津清三郎
高宮敬二
坂口 楠本健二
大坪 名和宏
辺見 藤山浩二
吉川 大前均
竹井 野口貴史
宮口 川谷拓三
市村 大木晤郎
君枝 早乙女ゆう
友絵 女屋実和子
エミ 杉本美樹
芳郎 唐沢民賢
三郎 誠直也
戸田 平沢彰
水野 中村錦司
高田 市川裕二
清川 能谷武
山下義明
光子 上岡紀美子
和江 丸平峰子
澄子 星野美恵子
鈴川 奈辺悟
志賀勝
成瀬正孝
蓑和田良太
ボーイ 久田雅臣
川島譲次 小池朝雄
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 現代やくざ 血桜三兄弟