TOP > 映画作品を探す > 蜘蛛の湯女

江戸の初め慶長年間に出現したといわれる湯女風呂を舞台にした風俗映画。脚本は中村努と「穴場あらし」の太田昭和。監督太田昭和。撮影は「顔役(1971)」の牧浦地志がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ここは江戸鎌倉河岸の末広湯。今日も朝から洗い場では景気よく流し湯や、桶のひびき、湯女たちに戯れる男たちでにぎわっている。なにしろ、吉原遊廓がひあがるほどの繁昌、安くて面白く遊べるとあって、武士も町人もせっせっと通ってきた。この湯女風呂、入浴は夕方四時でしまい、上り場にゴザを敷き酒席にかわって、踊ったり歌ったりの大騒ぎ。そのうち客たちはお気に入りの女を抱えて二階の小部屋に姿を消していく。そんな湯女の一人お新にはいまわしい過去があった。恋人の友次郎と駈落ちした夜、土砂降りの雨の中で暴漢に襲われたが、友次郎は助けてくれなかったのだ。大川にとび込もうとしたところをお滝に助けられた。そのお滝も、武士の妻で、十年前夫仙十郎と仇討ちの旅にでたまま、めぐり逢えず、初めこそ生活のために恥を忍んで湯女に身を落したのだが、今は小遣いをせびりとるだけの無気力な仙十郎に愛想がつき、平気で男どもに身をまかす湯女になりきっていた。ある日、お新の居場所を捜し当てた友次郎が、いきなりとび込んできて必死にわびるのだが、お新は冷たく追いかえすだけ。二人の争いを旗本と町奴が面白半分で加勢したため騒ぎが大きくなり、湯女たちも入り乱れての大喧嘩になってしまった。数日後、お滝の仇が見つかった。悪夢のような一夜があけると、今度は、お新の人生を狂わせた遊び人寅蔵が、彼女の豊満な肉体を求めて通ってくる。心では復讐を誓うお新だが若い肉体は寅蔵の欲情のとりこになっていく。寅蔵がお新を品川の湯屋へ売りとばしたときお新は目が覚めたように復讐心がたぎる。寝屋にさそい込み、からだをあたえながら、寅蔵の首に剃刀を走らせる。

作品データ

製作年 1971年
製作国 日本
配給 大映映配
上映時間 75
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

脚本 中村努太田昭和
監督 太田昭和
撮影 牧浦地志
音楽 倉嶋暢
美術 内藤昭
録音 中沢光喜
照明 黒川俊二
スチール 都筑輝孝
編集 谷口登司夫
助監督 辻光明

キャスト

お新 川崎あかね
お蝶 横山リエ
お滝 水上竜子
おふく 相川圭子
お杉 田中真理
お豊 笠原玲子
彦造 常田富士男
寅蔵 地井武男
仙十郎 富川徹夫
喜八郎 伊吹新吾
弥助 水上保広
頼母 伊達三郎
嘉七 森章二
捨松 山本一郎
友次郎 関幸四郎
佐平 多賀勝
忠兵衛 浜田雄史
長兵衛 堀北幸夫
竹造 北野拓也
お辰 近江輝子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 蜘蛛の湯女