映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 関東幹部会

「関東流れ者(1971)」に続く「関東」シリーズ第2作。脚本は「新・ハレンチ学園」の鴨井達比古、「非行少年 若者の砦」の来栖三郎、助監督の伊地智啓の共同執筆。監督は「女子学園 ヤバい卒業」の沢田幸弘。撮影は「男の世界」の山崎善弘がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

尾沢組本家若衆頭・寺田組々長寺田次郎は五年の刑期を終えて出所した。寺田はすぐその足で、尾沢組総長尾沢大造が広域暴力団取締のかくれ簑として入院している病院に出所挨拶に行った。そこで、現在の尾沢組は幹部の岩崎が三代目組長を襲名したこと、組織下の組が次々と新興暴力団大場会に荒されていることを知らされた。尾沢組幹部たちはこの事態を阻止すべく、まだ大場会の手がのびていない富士市に寺田を送り込むことを決めた。富士市は、日本全土を二分する尾沢組、大場会の息がかからない唯一の町であり、新興都市計画にともない、そこにはコンビナートが林立し暴力団の資金源になるバーキャバレー、ソープランドが無数にあった。また富士市は、寺田が生れ育った町でもあった。その富士市では、寺田の幼友だちで兄弟分の神尾周三が組長をしている地つき博徒神尾組と愚連隊上りの銀竜会が対立していたが、神尾が服役中のため、銀竜会の勢力の前に神尾組は風前の灯に等しかった。富士市に着いた、寺田は、さっそく神尾組を建て直すために行動を開始した。尾沢組の斬り込み大将と異名をとった寺田の突然の出現に勢に乗った銀竜会も退かざるをえなかった。この尾沢組の動きをいち早く察知した大場会は大幹部黒木を銀竜会に送り込んだため対立は日増しに険悪化し神尾組の留守を預る代貸山中が黒木の手にかかり殺された。そんな状況の中で神尾周三が出所した。かつて寺田が愛した神尾の妹輝子の墓前で、二人は何年ぶりかで再会した。だが組織的暴力団を嫌う神尾と、その手先ともいえる寺田とでは、通じ合うものがなかった。神尾は、寺田にこの争いから手を引くように頼むが、エスカレートした大組織同志の争いの前に雲散霧消した。黒木の悪らつな手段は、神尾の二番目の妹典子まで犠牲にし、怒った神尾は単身銀竜会に殴り込み黒木を殺した。そのことが発火点となり尾沢組と大場会の応援部隊は続々と富士市に集結した。一方、遅々として進まぬ組織強化に業をにやした尾沢は早期解決の手段として、殺された黒木に対する大場会への香典として神尾を差しだすよう、寺田に命じた。神尾は、もはや自分が死ななければこの争いがおさまらないことを知ると、みずから、寺田に刺されて死んでいった。組織の命令とはいえ兄弟分を殺させ、さらに自分の命までとろうとするしうちに怒った寺田は、尾沢組へと殴り込んでいった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Lineup of Kanto Outlaws
製作年 1971年
製作国 日本
配給 ダイニチ映配
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

寺田次郎 渡哲也
神尾周三 長門勇
神尾典子 丘みつ子
矢島和也 原田芳雄
黒木政夫 山本麟一
畑中健次 郷英治
森岡五郎 武藤章生
高見弘 木村英行
高橋明
山中 三田村元
長浜鉄平
浅野 久遠利三
松木 深江章喜
今井 榎木兵衛
清水 中平哲仟
尾沢大造 清水将夫
岩崎英吉 青木義朗
大場収治 内田良平
谷村 今井健二
磯島 雪丘恵介
海野 長弘
寺田組々員 熱海善到
寺田組々員 北上忠行
銀竜会々員 沢美鶴
銀竜会々員 青木敏夫
銀竜会々員 谷口芳昭
銀竜会々員 有村道宏
神尾組々員 大前田武
神尾組々員 小島克己
神尾組々員 庄司三郎
海野組々員 大浜詩郎
海野組々員 市村博
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 関東幹部会