TOP > 上映中の映画作品を探す > 花も実もある為五郎

義理と人情に生きる男、「為五郎」シリーズ第4作。脚本は前作「やるぞみておれ為五郎」の加藤泰と、監督の野村芳太郎。撮影も同作の川又昂がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

坂東為五郎は、とある刑務所から颯爽と出所した。だが、別にどこへ行くともあてのない旅鴉の彼は、尊敬する仁吉の墓参りのため吉良港に向った。墓参りのあと、仁吉の末裔である、現在の仁吉の妻おきくのやさしいねぎらいの言葉と餞別をもらって、彼はすっかり感激してしまった。そして心ウキウキ荒神山へと急いだ。その頃、山のふもとの加佐登町では、バスジャックで大騒ぎの真最中だった。バスを乗っ取った若者は、町長安濃徳右衛門の妾の娘さゆりと結婚できないのをうらみ、さゆりと乗客たちを人質にしていた。為五郎は、荒神山へ避難する町民に混っていた旅館黒田屋の主人神戸長吉と再会した。二人は刑務所時代の朋友で、長吉の妻徳子はさゆりと腹違いの姉妹である。為五郎は、長吉からさゆりの危難を聞かされるや、停車していたダンプカーを駆ってバスに一直線、犯人をとり押えた。その夜、事件解決の大宴会が行なわれ、席上、得意満面の為五郎に、さゆりのキッスの雨が降った。数日後、為五郎とさゆりは仁吉の墓の前で結婚した。その夜、二人が風呂の蛇口をひねると熱湯がほとばしりでて大騒ぎとなった。長吉は、早くもこの温泉で一旗揚げ、かつて荒神山の喧嘩で卑怯者といわれた先祖の汚名をそそぐつもりだった。一方、楽しいはずの新婚旅行にでたさゆりは、日を重ねるにつれて腹が立ってきた。一日目荒神山、二日目幡随院長兵衛の墓参り、三日目清水港とおよそ新婚旅行らしからぬ場所の連続だからである。さらに、さゆりを激怒させたのは、為五郎が数年前に別れた友人の子勘太と再会し、親子の名のりをあげたからである。為五郎の子供と感違いしたさゆりは一人で実家に帰ってしまった。為五郎は、勘太を連れて、おきくに結婚の報告をした。そして、おきくの義弟三吉が科学者で県庁の役人であることを知るや、温泉の許可をもらおうと無理矢理連れて帰った。だが、温泉は水揚げポンプの故障で偶然に水が湯になったものだった。一獲千金を夢みた町長たちは、上を下への大騒ぎ。温泉が嘘だとわかったら為五郎は、そんな騒ぎに腹が立ち勘太を連れて町を去った。それから一ヵ月。為五郎は飯場で働いていたが、荒神山温泉開発の新聞記事を読んで、加佐登の町へ飛んで行った。荒神山温泉オープンの鍬入れ式場へおどり込んだ為五郎は「温泉でないものをキサマたちは……」と大暴れ。テーブルが飛び、ビールが飛び散った。そして、町長、警察署長、消防署長たちも吹っ飛んだ。翌日、為五郎と勘太は、吉良港を後にどこへともなく旅立った。

作品データ

製作年 1971年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 杉崎重美
脚本 加藤泰野村芳太郎
監督 野村芳太郎
撮影 川又昂
音楽 萩原哲晶
美術 重田重盛
録音 栗田周十郎
照明 三浦礼
スチール 長谷川宗平
編集 浜村義康
助監督 山根成之

キャスト

坂東為五郎 ハナ肇
神戸長吉 藤田まこと
妻徳子 林美智子
安濃徳右衛門 石山健二郎
さゆり 范文雀
勘太 辻直之
おきく 光本幸子
三吉 谷啓
バスジャック 小松政夫
運転手 たんくだん吉
番頭 いわたがん太
警察署長 高品格
消防署長 天草四郎
尼さん 水木涼子
刑事 加藤嘉
黒駒ジュニア 穂積隆信
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 花も実もある為五郎