TOP > 上映中の映画作品を探す > 日本一のワルノリ男

「日本一のヤクザ男」に続くシリーズ第8作目。今回は従来の無責任男というパターンを変えて、他人のことまで責任を持たなければ気がすまないという性格の男を植木等が演じる。脚本は「ひらヒラ社員夕日くん ガールハントの巻」の田波靖男。監督は「喜劇 負けてたまるか!」の坪島孝。撮影は「喜劇 女もつらいわ」の鷲尾馨がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東北の高校教師、日本兵介は教え子の白坂八郎の就職先の世界陶器での愚行のわびに上京した。そして、無責任に責任を持ちたがるワルノリぐせを発揮して、八郎をつれ戻すまで世界陶器に勤めることとなった。八郎探しに精を出す兵介は、ソープランドをあたるが、風俗嬢ミチに見初められ、昼は会社、夜はポン引と大忙しの身となった。で、ついつい会社では居ねむりの連続。さらに、女専務友紀子に工場の欠員はおまかせ下さい、と大見栄をきった兵介は寝物語にミチを口説いて、仲間も誘ってソープ娘がぞろぞろと世界陶器に押しかけた。この功績を認められた兵介は一躍、宣伝係長に抜擢された。そのうえ、カメラマン谷村が新人モデル明美をつかって撮った衛生陶器の看板が大評判をとり、兵介は営業課長に昇進した。大山建設のマンモスホテルへの製品売り込みの大仕事を控えて兵介は、資材部長の松永のくどき落し作戦を開始。バーのマダム照子を利用したこの策略も見事に成功して兵介は総務部長の椅子にどっかり腰をおろした。その頃、常務の斉田は社長の病気で娘の友紀子が社業に追われるのを幸いに、社長の椅子を狙っていた。この謀略に気付いた友紀子は、自分がすわれた椅子を、なぜか兵介に譲るのだった。しかし、兵介はひょっこりあらわれた八郎にその座を明け渡して、田舎へ帰って行った。そしてそのあとを友紀子が追った。

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 渡辺晋田波靖男
脚本 田波靖男
監督 坪島孝
撮影 鷲尾馨
音楽 山本直純
美術 阿久根巖
録音 伴利也
照明 金子光男
スチル 田中一清
編集 武田うめ
助監督 砂原博泰

キャスト

日本兵介 植木等
白坂八郎 加藤茶
谷村浩 谷啓
高野友紀子 浜美枝
内山佳子 内藤洋子
明美 小山ルミ
ミチ 山口火奈子
照子 北あけみ
矢沢課長 人見明
島村部長 石田茂樹
舎監 塩沢とき
友吉 二瓶正也
松氷 田武謙三
古屋 佐々木孝丸
三島良重 水上竜子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 日本一のワルノリ男