映画-Movie Walker > 作品を探す > シルクハットの大親分 ちょび髭の熊

「シルクハットの大親分」シリーズ第二作。脚本は「人斬り観音唄」の高田宏治、監督は「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」の鈴木則文。撮影は「札つき博徒」の塚越監二がそれぞれ担当

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

四国道後の大親分、熊坂虎吉は道後温泉発展のためにと、一家をひきつれて熱海にやってきた。この地は源田産業や農商務次官の芦沢、それに東京の顔役、剣持をバックにもつ横川組の縄張りであった。熊虎はさっそくくつろいだ宿の女房お幸を横川組の魔手から救って、貫禄を示すのだった。その熊虎の度胸にゾッコン惚れ込んでしまったのは小栗子爵だった。彼は日本で最初に自動車の輸入に成功した人物で、天皇陛下に献上する第一号車の運搬と警備役を熊虎に頼んだ。剣持、横川らは妨害の秘策を重ねた。しかし熊虎は技師クラウスや小栗の部下、伊庭新吾とともに無事大任を果し終えた。ところが、小栗は「輸入許可」を正式に得ると、熊虎との関係をたちきることを伝えた。源田たちは、妨害をあきらめず、自動車爆破を計画した。行動を開始した横川に襲われた新吾を救おうとした熊虎は源田の銃弾を太腿にうけ、危機に瀕した。だが、その時颯爽と登場した兄弟分緋牡丹のお竜の助力でことなきを得た。一難去ってまた一難。自動車は整備中のクラウスとともにダイナマイトで吹き飛んだ。小栗と家令重兵衛も横川組の刃に襲われた。熊虎とお竜の我慢もそれまでだった。喧嘩仕度に身を固めた兄弟は、源田、剣持、横川、芦沢と、悪の根源を葬り去った。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 鈴木則文
脚本 高田宏治
企画 俊藤浩滋松平乗道
撮影 塚越堅二
音楽 津島利章
美術 石原昭
編集 堀池幸三
録音 荒川輝彦
スチール 杉本昭三
助監督 皆川隆之
照明 長谷川武夫

キャスト

熊坂虎吉 若山富三郎
伊庭新吾 伊吹吾郎
小栗忠考 北龍二
橘ますみ
一色重兵衛 石山健二郎
源田義光 小池朝雄
芦沢正文 須賀不二男
剣持隆之 名和宏
横川益蔵 守田学哉
大島昭彦 藤村有弘
お幸 白木マリ
緋牡丹のお竜 藤純子
クラウス オスマン・ユセフ
小ヒゲ 疋田泰盛
忠市 長谷川弘
ボテ八 広瀬義宣
ガリ松 志賀勝
鹿蔵 北川俊夫
壷吉 松原健司
暗闇竹 畑中伶一
河ウソ 池田謙治
熊坂清子 丸平峰子
馬沢銀平 汐路章
宇之助 平沢彰
竜造 川谷拓三
太吉 白川浩二郎
呑海 ルーキー新一
小松 永田光雄
春江 山田みどり
おさだ 浅松三紀子
召使 小田真士
新聞記者 前川良三
新聞記者 山下義明
新聞記者 古閑達則
巡査 木谷邦臣
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > シルクハットの大親分 ちょび髭の熊