映画-Movie Walker > 作品を探す > 女渡世人

「緋牡丹博徒」に続く藤純子の新シリーズ第一作。脚本は本田達男。監督は「札つき博徒」の小沢茂弘。撮影は「日本女侠伝 鉄火芸者」の古谷伸がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

時は大正の終り信州。生き別れの母を探し求めながら渡世修業の旅を続ける妻恋いお駒は、渡世の義理で大薮組親分を斬ってしまった。やがて小諸十六島一家の賭場に足を踏み入れたお駒は、そこで幼ない娘お夏を連れた流れ者筑波常治と知りあった。賭場を出たお駒は、後を追ってきた大薮一家の男たちに襲われ、その窮地を常治に救われた。常治がわらじをぬいだ十六島一家と、野沢一家のでいりはその夜のことであった。一宿一飯の義理のために死を覚悟した常治は、長野から三里ほど入った山の中にある鹿教井温泉の猿渡屋の祖父母のもとに、お夏を届けてほしいとお駒に頼んだ。鹿教井温泉の湯元の利権は、昔から猿渡屋、鹿の湯、鳴沢屋の三軒の旅館が握っていたが、今、二年後の鉄道開通に目をつけた博徒石渡組によって鳴沢屋は乗っとられ、残った旅館にも圧力が加えられていた。石渡組の魔手はお夏にも伸び、人質になったお夏を救うためお駒は単身石渡組に乗りこんでいった。無事お夏を救いだしたものの、お駒の後を追ってきて石渡に身をよせた大薮一家の身内のために、猿渡屋は焼かれ、善兵衛らは斬られてしまった。お駒は、急を聞いて駆けつけた常治と、喧嘩支度に身を整え石渡組に殴りこんでいった。二人のドスと拳銃は石渡を倒したが、ひそんでいた子分の放った銃弾が常治の胸を貫いた。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1971年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小沢茂弘
脚本 本田達男
企画 俊藤浩滋日下部五朗
撮影 古谷伸
音楽 渡辺岳夫
美術 井川徳道
編集 堀池幸三
録音 野津裕男
スチール 木村武司
助監督 篠塚正秀
照明 増田悦章

キャスト

妻恋いお駒 藤純子
猿渡屋善兵衛 北村英三
猿渡屋おたみ 夏川静江
お夏 斎藤浩子
お滝 木暮実千代
花田活次 芦屋雁之助
こずえ 水森亜土
石割蔵造 遠藤辰雄
鬼連武市 汐路章
黒尾 有川正治
金光 国一太郎
万力常 広瀬義宣
庇平 川谷拓三
墓守安 平沢彰
螢の銀次 木谷邦臣
大薮 堀正夫
八木沢 丘路千
荒畑 林彰太郎
赤川 宍戸大全
蛭田 阿波地大輔
北枕の鉄 高並功
独り寝の常 秋山勝俊
牛沼 村居京之輔
波多野 香月涼二
勘次 北川俊夫
お米 東龍子
昌平 白木みのる
内儀 京町一代
内儀の娘 浅松美紀子
吾助 小峰一男
おろく 牧淳子
お仙 丸平峰子
鹿の湯屋 市川裕二
和泉屋 蓑和田良太
白雲荘 疋田泰盛
茶屋のおかみ 岡島艶子
温治客 那須伸太朗
新婚の男 正司玲児
新婚の新妻 正司敏江
回想の中の嵐子 古城門昌美
猩々 白川浩二郎
あばた 笹木俊志
いんけつ 毛利精二
ハッパ寅 加藤匡志
念仏 松田利夫
回想の女衒 矢野幸男
筑波常治 鶴田浩二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 女渡世人