映画-Movie Walker > 作品を探す > 極道兇状旅

第一作の「極道」以来、このシリーズ四本を手がけた山下耕作にもどっての七作目。脚本は「舶来仁義 カポネの舎弟」の原田隆司、監督は「日本女侠伝 鉄火芸者」の山下耕作、撮影は「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」の赤塚滋がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

“釜ケ崎のカポネ”こと島村清吉は一家のナワ張り内で賭場を開帳した黒崎組と乱闘し西城署に留置されるが、越が谷竜蔵が身元引受け人になってくれたためにすぐ釈放された。越が谷の狙いは、釜ヶ崎をふくむ大阪一区の選挙で、腹黒い保守党の小山田を勝たすため、釜ケ崎住民に絶大な人気のある島村を利用することにあった。政治にうとい島村は、小山田と越が谷の“釜ケ崎に立派なビルを建て住民を住まわせるから、相手候補の革新党の谷村を支援する者を痛めつけろ”という口車に乗せられ、ドヤ街で出版業を営む氏原の印刷場に殴り込み機械類をぶちこわしてしまう。選挙当日、島村一家の大奮闘が功を奏し小山田は当選するが、島村に選挙違反の嫌疑がかかったことを幸いに二人は島村一家を四国に旅立たせてしまう。島村を利用するだけ利用した越が谷は島村がいなくなった釜ケ崎のナワ張りを一手に独占し、住民を立退かせ、黒崎組に命じて娯楽センター建設工事を急がせた。釜ケ崎の危機も知らず越が谷の息のかかった四国有浦の兵頭組にワラジを脱いだ島村は、毎夜酒と女に遊び呆けていた。そんな時、釜ケ崎の危機を知らせにかけつけたのが愛妻ミネ子である。事の一部始終を聞かされ怒り狂った島村は、兵藤組を倒し、釜ケ崎に乗り込んだ。そこで氏家から、越が谷と小山田が結託している証拠メモと娯楽センターの青写真を見せられ、まんまと悪徳政治家の罠にかかったことにはっきり気づいた島村は釜ケ崎を救うため、一家を賭けて越が谷、そして黒崎組に立向っていった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Desperate Journey
製作年 1970年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山下耕作
原作 松本功
脚本 原田隆司
企画 俊藤浩滋松平乗道
撮影 赤塚滋
音楽 八木正生
美術 井川徳道
編集 宮本信太郎
録音 野津裕男
スチール 諸角義雄
助監督 清水彰
照明 和多田弘

キャスト

島村清吉 若山富三郎
島村ミネ子 清川虹子
相沢譲治 山城新伍
岩田照男 潮健児
松原保 関山耕司
和泉辰也 菅原文太
荒井千恵 河村有紀
氏原荘吉 松村達雄
氏原明子 赤座美代子
越が谷竜蔵 天津敏
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 極道兇状旅