映画-Movie Walker > 作品を探す > 反逆のメロディー

「斬り込み(1970)」でデビューした新人、沢田幸弘の第二作。脚本は「橋のない川 第二部(1970)」、「日本最大の顔役」の佐治乾蘇武道夫が共同執筆。撮影は「女の警察 国際線待合室」の山崎善弘が担当。

4/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

淡野組が解散した翌日、哲は新興都市K市にいた。昔、K市は立花組が仕切っており、哲は立花の腹違いの弟だった。組が解散したのでK市へやって来たのだった。組長は刑務所に入っており、立花組は矢東会から乗り込んできた武沢、ドス建、宮坂の三人に押えられていた。哲は偶然、出会ったゲバ作と共に、矢東会に挑戦しはじめた。さらに立花組の再建に取り組んだ哲は、若い者を引き連れて暴れ廻った。そんなある日、淡野大次郎が関東の暴力組織を解散させるために、K市へやって来た。哲は空港に出迎えた。淡野の口添えで関東の暴力団が続々解散を表明したが、実はK市の新興都市に建設会社、観光会社、運送会社などの名称で流れ込んでいたのだった。淡野は哲にK市の建設会社には手を出すなと忠告した。折も折、立花が仮釈放で出所した。立花への義理から哲は組を出ようとしたが、ゲバ作等が建設会社に殴り込みをかけ、リンチを受けて殺されたと聞く。この事から、淡野と敵対するハメになり、仕返しに建設会社の仕事現場を破壊した。淡野は今度の事件をきっかけに立花組を警察に頼んで合法的に壊滅させようとした。たちまち立花組に警察が乗り込み、組員たちには手錠がかけられた。その間に立花は何者かによって刺し殺されていた。数カ月後、工場完成で賑わう祝賀会会場に、哲は以前から淡野をつけ狙っていた滝川と共に殴り込んでいった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 ダイニチ映配
上映時間 84
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

塚田哲 原田芳雄
ゲバ作 佐藤蛾次郎
星野 地井武男
滝川政次 藤竜也
お竜 富士真奈美
亜紀 梶芽衣子
淡野大次郎 須賀不二男
峰田 深江章喜
立花 梅野泰靖
武沢 曽根晴美
ドス健 永山一夫
木原刑事 青木義朗

レビュー

独特の世界観を持った、異色のヤクザ映画w

投稿者:まこと

(投稿日:2013/3/10)

銀座シネパトス『名画座リクエスト特集』にて鑑賞 これは…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 反逆のメロディー