映画-Movie Walker > 作品を探す > 新兄弟仁義

藤原審爾の原作「三代目実子分」を大和久守正が脚本化、「新網走番外地 さいはての流れ者」の佐伯清が監督したシリーズ第八作。撮影は組長と代貸」の星島一郎が担当。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大正未期。大竜こと新井竜太郎は二年の刑を終えて出所した。その前日、中野一家親分・頼吉は、頼介と代貸の堀と渡部に中野一家の跡目は竜太郎に継がせると告げ、頼介は分家して土建業に専念、堀と渡部も分家することに決まった。堀、渡部にとって三代目は当然頼介が継ぐものと思っていただけに、このことは意外であった。一方、竜太郎はこの話を快くうけるが、いつかは頼介に四代目をゆずろうと考えていた。また頼吉は、従来の堀の縄張りを竜太郎が推すしっかり者の中竜にゆずらず、堀、渡部が推した小竜に任すというのだった。これには、大竜、中竜、小竜の三兄弟を、仲たがいさせようとする堀、渡部の腹黒い意図があった。大竜の出世とともに、代貸を夢みていた中竜にとってこの決定はショックで、そんな中竜に堀、渡部が接近していった。数日後、中野組の請負工事完成披露宴がひらかれたが給料をピンハネされた作業員たちはいきりたった。この騒ぎを知り、小竜は頼介にかけあうが頼介の無法ぶりに傷つく。この一件は作業員達の間で小竜の男を上げた。これをねたんだ頼介、堀、渡部は小竜に堀の仔分を殺させる罠を張った。まんまと罠に落ちた小竜。さらに堀から小竜探索を命じられた中竜も頼介たちの刃に倒れた。兄弟の一人を殺され、憤りに燃えた大竜、小竜はそれからまもなく、頼介ら三悪人を地獄に堕とした。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 85
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 佐伯清
原作 藤原審爾
脚本 大和久守正
企画 西川幸男俊藤浩滋矢部恒
撮影 星島一郎
音楽 菊池俊輔
美術 中村修一郎
編集 田中修
録音 広上益弘
スチール 藤井善男
助監督 三堀篤
照明 元持秀雄

キャスト

新井竜三(小竜) 北島三郎
新井竜次(中竜) 今井健二
しの 工藤明子
明男 梅地徳彦
政市 葉山良二
お若 有川由紀
お秀 富士真奈美
高井頼吉 菅井一郎
高井頼介 中田博久
たか 小倉康子
堀源三 安部徹
渡部和吉 諸角啓二郎
鳴かずの辰 澤村昌之助
小林稔侍
高須 河合絃司
小田切 北川恵一
取手の五郎 藤山浩二
児島 土山登士幸
斉藤 高宮敬二
音松 植田灯孝
チョロ松 山城新伍
坊主の三九郎 関山耕司
岬の市松 亀山達也
観音徳 山浦栄
新井竜太郎 (大竜) 菅原文太
中竜情婦の芸者 小松みどり
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ライオン・キング
ライオン・キング

ディズニーの人気アニメーション『ライオン・キング』を新たな映像表現で実写映画化

天気の子
天気の子

家出少年と不思議な能力を持つ少女の恋の物語を紡ぐ、新海誠監督によるアニメーション

ダンスウィズミー
ダンスウィズミー

矢口史靖監督が三吉彩花を主演に自ら脚本も手掛けて挑む初のミュージカルコメディ

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 新兄弟仁義