映画-Movie Walker > 作品を探す > 花の特攻隊 あゝ戦友よ

川内康範の原作「花の特攻隊」をもとに「女の警察 国際線待合室」の中西隆三が脚本を書き、「夜の牝 花のいのち」の森永健次郎が監督した戦争と青春をみつめたドラマ。撮影は「女の警察 国際線待合室」の山崎善弘が担当。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和十八年。戦局はすでに日本の不利に展開していた。父の戦死の報をうけた浜村真吉は嘆く母や恋人の三保を残し、学友の田川や内藤とともに土浦の海軍航空隊に志願した。土浦での苛烈な規律と訓練のなか、田川が練習機で墜落死した。やがて、同期の桜たちとともに、海軍飛行少尉を拝命した真吉は鹿屋基地に配属された。ここでの特攻教育はさらに厳しいものだった。その頃、三保が真吉に逢いたい一念で、准看護婦として、海軍病院へやってきた。彼女の烈しい愛に、真吉は困惑したが愛するがゆえに不幸にすることはできないと、出撃するのだった。だが、皮肉にも彼の機は故障し、傷ついて病院に運びこまれてしまう。病室の窓から次々と飛び立つ特攻機をみることや、懸命に看護する三保の存在は真吉に重くのしかかった。傷が癒えた真吉は、歴戦の勇者秋山少佐の部隊に編入された。この部隊の機はすべて母機を離れたら最後、絶対に生還出来ない自殺兵器「桜花」を抱いていた。基地への敵襲は、連日惨を極め、広島、長崎に原爆が投下されたが、出撃命令はまだおりない。皆眼を血走らせて秋山隊長の下知を待った。そして、八月十三日未明、出撃の時がきた。真吉は、秋山隊長の一声のもと、先に散っていった戦友たちのあとを追った。その表情はなぜか、晴れやかにみえた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Cherry Blossoms in the Air-The Suicide Raiders-Oh,Buddies!
製作年 1970年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 94
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 森永健次郎
原作 川内康範
脚本 中西隆三
企画 園田郁毅栗林茂
撮影 山崎善弘
音楽 池田正義
美術 坂口武玄
編集 井上治
録音 神保小四郎
スチル 萩野昇

キャスト

浜村真吉 杉良太郎
内藤 藤竜也
山田 長谷川明男
斎藤 浜田光夫
花沢 岡崎二朗
大久保 川口恒
小野 沖雅也
秋山少佐 南原宏治
南田中尉 渡哲也
小島分隊長 曽根晴美
朝井兵曹長 玉川良一
田川三保 和泉雅子
田川昭夫 三ツ木清隆
ふみ 中畑道子
大村司令 丹波哲郎
広田博士 森塚敏
塚原兵曹長 内田良平
中村分隊士 佐原新治
特攻隊長 郷えい治
冬子 伊藤るり子
土浦航空隊司令 鴨田喜由
特攻基地司令 加藤嘉
特攻基地飛行長 青木義朗
特攻基地整備長 菊田一郎
娼婦 梶芽衣子
少尉 前野霜一郎
女工 椿麻里
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 花の特攻隊 あゝ戦友よ