映画-Movie Walker > 作品を探す > 博徒一家

「関東テキヤ一家 喧嘩仁義」の村尾昭が脚本を書き「渡世人列伝」の小沢茂弘が監督したオールスター任侠もの。撮影は「渡世人列伝」の吉田貞次が担当。

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

明治四十年、政府は博徒弾圧にのりだした。全国に強大な勢力をもつ博徒・荒政一家初代総長・荒木政五郎は総長の座を一家三羽烏の一人国枝にゆずった。しかし、国枝と関根は最後まで、一家のために服役中の桜井を推していた。政五郎は桜井と関根には、それぞれ縄張りを与え、分家させた。一年後国枝は対立していた田沼一家につまらぬ義理から、桜井の縄張りを譲ってしまった。これを知った関根は国枝を罵倒するが、出所した桜井は、出迎えた渡世人橘から事の一部始終を聞き、国枝の意に従うのだった。私鉄工事の落札を競う、田沼一家と荒政組、しかし意外にも田沼は国枝との縁組を申し出、国枝も承知した。このことを国枝の口から聞いて唖然とする桜井と関根。その夜、関根組の池上と桜井組のびっくり松が田沼を襲った。以前政五郎に恩義のある橘は、荒政組の決着として、田沼の前で小指までつめたが、その帰り道、田沼の仔分に襲われ、桜井の胸の中で死んでいった。さらに関根が田沼を襲ったことから、田沼は国枝に関根の決着を迫り、国枝は仕方なく、関根を絶縁すると桜井に伝えた。田沼殺しを決意した関根を呼び出した桜井は、彼をしたう関根の妹加代から手渡されたドスで一家のために関根を殺害した。起工式の席上、田沼は国枝に対し、縁組を流し、工事は田沼組が全面的に請負うと言い放った。自分の愚かさを悟った国枝は、田沼にとびかかり、席上は修羅場と化した。一家のために関根まで殺した桜井が田沼に迫った。その凄まじい形相に誰ひとり、とびかかる者もなかった。そして、ついに、桜井の怒りの匕首が田沼の胸を真一文字にとらえた。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 116
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小沢茂弘
脚本 村尾昭
企画 俊藤浩滋橋本慶一
撮影 吉田貞次
音楽 津島利章
美術 鈴木孝俊
編集 堀池幸三
録音 野津裕男
スチール 杉本昭三
照明 金子凱美

キャスト

桜井良治 高倉健
国枝英三 大木実
関根勇 若山富三郎
加代 藤純子
ふみ 桜町弘子
荒木政五郎 志村喬
田沼正勝 渡辺文雄
望月純一郎 八名信夫
嵯峨隆信 遠藤辰雄
篠乃井信太郎 内田朝雄
島田円次郎 堀正夫
飯村裕吉 市川裕二
重松源助 林彰太郎
伊原藤吉 高並功
田口豊 松田利夫
北野重吉 長谷川弘
松井秀松 玉川良一
水島三郎 千波丈太郎
池上俊三 有川正治
服部徹 鈴木晴雄
伊勢昇二 白川浩三郎
上竹勝 広瀬義宣
吉村久七 野口貴史
増井彦太 川浪公次郎
三谷利平 佐藤京一
清水留吉 五十嵐義弘
鬼頭義光 名和宏
雲井剛 楠本健二
神保軍蔵 丘路千
大町寅松 鈴木金哉
岩佐伊八 志賀勝
志賀勤蔵 川谷拓三
小松庫吉 木谷邦臣
相場熊次 八尋洋
野村辰夫 志摩靖彦
梶山泰助 那須伸太朗
倉元専一 小山田良樹
新造 大城泰
喜作 小峰一男
丸高馬之助 浪花五郎
青木助八 前川良三
岩瀬 山下義明
嵐田石松 汐路章
関卯之吉 笹木俊志
土肥音市 遠山金次郎
永井友蔵 毛利清二
親分A 村居京之輔
親分B 矢奈木邦二郎
本間儀助 熊谷武
稲部竜太郎 野村鬼笑
古橋銀三 島田秀雄
福住治之助 藤川弘
平松庄吉 有島淳平
看守 村井京二郎
橘清次郎 鶴田浩二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 博徒一家