TOP > 上映中の映画作品を探す > 女賭博師壷くらべ

「天狗党」の高岩肇と「女賭博師花の切り札」の井上芳夫が脚本を共同執筆し、井上芳夫が監督した女賭博師シリーズ第十六作。撮影は「あなた好みの」の小林節雄が担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

陸中振りの名手、銀子の父、倉吉は、小田原の縄張りをかけて、吹き寄せの精次と対戦中、前川興行の巧妙な罠におち、イカサマの汚名をかぶって殺された。そして銀子も相模灘に投げこまれるが、九死に一生を得、父の無念をはらすべく、ツボ振り修業の旅に出た。二年後、倉吉との勝負以来、前川のあくどさがいやになった精次は旅に出るが、信州の賭場で銀子と対決した。精次は指を一本、銀子は髪を賭けた。だが互に傷つくのを惜しみ、仲裁したのは妖艶な女賭博師竜神のお松だった。精次は銀子が陸中振りを見せることから、銀子の素性を知った。隆盛の一途をたどる前川は西伊豆に食指を動かし、松木組との縄張りを賭けた大勝負をひかえていた。前川から呼び戻された精次は、寺屋組の生き残り、辰三に襲われ、銀子も死んだはずの寺屋組代貸弥三郎が生きており辰三の顔を見て逃げたと知らされる。銀子は二年前の賭場を再現し、そこに弥三郎の裏切りをみた。その直後弥三郎と辰三は、前川に殺された。シマをかけての勝負の日、精次に対抗して壷を振りたいと願う銀子に、松本の壷振りに迎えられたお松は、その役をゆずった。精次の関東振りに対する銀子の陸中振り、息づまる静寂を破ってイカサマを見破った銀子の声が「お待ち」と鋭くひびいた。精次は自害し、前川もその責を問われることになった。

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 斎藤米二郎
脚本 高岩肇井上芳夫
監督 井上芳夫
撮影 小林節雄
音楽 鏑木創
美術 高橋康一
照明 渡辺長治
録音 奥村幸雄
スチル 塩見敏彦
編集 中静達治
助監督 野村尚正

キャスト

大滝銀子 江波杏子
竜神のお松 美輪明宏
浅越精次 成田三樹夫
永瀬ゆき 真山知子
前川毅 高橋昌也
瀬戸口仁平 北竜二
松岡辰三 園井啓介
小倉弥三郎 上野山功一
矢野五郎 大川修
山口 豪健司
加島 三夏伸
大石 中原健
井上大吾
大滝倉吉 花布辰男
竹中仙吉 関敬六
竹中貞代 桜京美
竹中稔 篠田三郎
大門直 北城寿太郎
松木浩造 早川雄三
寺尾聡八 隅田一男
田上二郎 佐伯勇
金政秀一 谷謙一
古川 前田五郎
中井 森田健二
鈴賀 藤井竜史
下宿のおかみ 目黒幸子
バーテン 荒木康夫
ホステス 八並映子
ホステス 津山由起子
マッサージ師 浅見ちづる
ラーメン屋 松村若代
出入商人 河島尚真
漁師たち 九段吾郎
魚市場の会計主任 中田勉
魚市場の賭場中盆 飛田喜佐夫
甲府の賭場中盆 中館慎吾
信州の賭場中盆 森一夫
幼い頃の精次 塩屋翼
幼い頃の前川 葛知健
幼い頃の友達 深石弘
信州の壷振り 志保京助
屋台のおやじ 遠藤哲平
大広間の中盆 稲妻竜二
大広間の中盆 木島進介
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 女賭博師壷くらべ