無頼漢(1970)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

無頼漢(1970)

1970年4月18日公開,103分
  • 上映館を探す

河竹黙阿弥の「天衣紛上野初花」を題材に、寺山修司が脚本を書き、「心中天網島」の篠田正浩が監督した異色時代もの。撮影は「御用金」の岡崎宏三が担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

天保十三年、水野忠邦の天保の改革は庶民を苦しめ、市井には不満の声が満ちていた。江戸、猿若町の見世物小屋が軒を並べるあたり、役者志願の遊び人直次郎は、美しい花魁犬口屋の三千歳を知った。直次郎が母親のくまと住む犯罪長屋。一年ぶりに帰ってきたなまけ者丑松だが、留守中に女房お半と子供は、御用聞き、五斗米市と家主の紋左衛門の手にかかり姿を消していた。芝居小屋の前で「水野体制批判」をして役人に追われた三文小僧を救ったのは、河内山宗俊だった。三千歳を直次郎とはり合う森田屋は御家人くずれの金子市之丞に直次郎殺しを頼んだ。だが金子市は、直次郎と間違えて河内山を襲い、顔を合わせた金子市、河内山、森田屋の三人は、互にふくみ笑いして見合った。直次郎は老いて醜い、おくまがいては三千歳と世帯ももてないと考え蒲団にくるみ、大川へ投げ込んだ。一方、河内山は上州屋の一人娘浪路が、松江出雲守にめかけになれと無理難題を押しつけられているのを聞き、二百両で浪路をとり返すことをうけあった。河内山の生命をかけた大仕事を知り直次郎が仲間に加わった。ところで、金子市は丑松、三文小僧など水野体制からはみだした連中を集め、改革に謀叛の火を打ちあげんとしていた。松江家では依然、出雲守が浪路を追い回していたが、家老北村大膳はこの乱行が外にもれることを怖れ、浪路と近習頭宮崎数馬を不義の仲とデッチあげた。そこへ、河内山扮する御使僧北谷道海と直次郎扮する駕篭脇に控える侍桜井新之丞が現れ、晴れの舞台よろしく、大芝居をうった。出雲守からまんまと、浪路をだましとった河内山だが、大膳に見破られ凄絶な最後をとげた。直次郎は邪魔者おくまを背負って捨てに家を出たが、その時、夜空にひろがる花火を見た。それは金子市、丑松、三文小僧の三人が打ち上げた謀反の火柱だった。

作品データ

原題
The Scandalous Adventures of Buraikan
製作年
1970年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • まこと

    3
    2013/4/16

    シネクイント「寺山修司・映像詩展」にて鑑賞

    ライトなコメディタッチのモダンな時代劇ですね
    何しろ、BGMにジャズとか使っちゃいますしw

    主演は仲代達矢ですが、それほど目立った働きをする訳でもなく、群像劇風に仕上がっています
    水野忠邦の天保の改革と、それに対する庶民の不満というのが中心にあり、意外に社会派なカンジです
    あまり時代劇は知らないのですが…こういうドラマは割とあるのでしょうか?
    僕のイメージでは、時代劇=チャンバラだったりするんですがw

    脚本的には、前述のような社会派要素が強く、ちょっと凝った展開で、最後まで楽しむ事ができました
    また、面白いセリフ回しが多く、寺山のこだわりを感じますね

    一方、時代劇には付き物のアクション、いわゆる立ち回りは少なく、迫力にも欠ける印象です
    ちょっと異色の時代劇ではありますが、それほどぶっ飛んだ感じもなく、面白味には欠ける気がします
    普通の時代劇を期待している人が、この作品を観たら、ちょっと拍子抜けかもしれませんね

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告