TOP > 上映中の映画作品を探す > 新・男はつらいよ

「男はつらいよ フーテンの寅」の山田洋次宮崎晃が脚本を共同執筆し、同作の執筆陣の一人小林俊一の第一回監督作品。シリーズ第四作、撮影は同じく高羽哲夫

4/5
総評価数 7
レビュー 0
投票 7
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

名古屋の競馬で大穴を当てたフーテンの寅こと車寅次郎が久しぶりに懐しの生まれ故郷柴又に帰って来た。柴又では寅のおいちゃん夫婦、妹さくら、その夫博らが寅の噂に花を咲かせていた。寅は百万円を見せびらかせ大得意、日頃の恩返しにとおいちゃん夫婦をハワイ旅行に行かせると大はりきりだった。弟分で今は旅行社に勤める登に準備万端をととのわせた寅は、日一日とハワイの夢に胸はずませるおいちゃん夫婦に有頂点。この噂は近所に知れ、寅の株はグッとあがった。ハワイへ出発する日がやってきた。が、好事魔多し、寅の金を登の社長が持逃げして、旅行の夢ははかなくも消えた。近所の人の手前を気にする夫婦は、夜中にこっそり帰ってきた。そして、寅の提案により、数日を戸締りし、電気もつけないで暮すことになった。だが、その第一日目、留守を承知に押入った泥棒が暗闇の中に三人を発見して大恐慌。この件により事の始終は近所の人たちの知るところとなった。かくして又ぞろ寅さんは柴又から姿を消すハメになった。それから一カ月。おいちゃん夫婦が心配になって、寅は帰郷した。その日から寅の小さな目が輝いた。自分の部屋に下宿する美しい幼稚園の先生・春子に恋をしたのだ。日増しにつのる慕情。春子と生き別れの父が病死し、寅は春子を元気付けようとするが、春子には会沢という恋人がいた。失意の寅。彼はまたまた旅に出た。

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 92
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 斎藤次男
企画 高島幸夫
原作 山田洋次
脚本 山田洋次宮崎晃
監督 小林俊一
撮影 高羽哲夫
音楽 山本直純
美術 宇野耕司
照明 青木好文
録音 小尾幸魚
スチル 久保哲男
編集 石井巌
助監督 大嶺俊順
製作主任 池田義徳

キャスト

車寅次郎 渥美清
車竜造 森川信
車つね 三崎千恵子
諏訪博 前田吟
諏訪さくら 倍賞千恵子
御前さま 笠智衆
宇佐美春子先生 栗原小巻
会沢隆夫 横内正
泥棒 財津一郎
寺男源さん 佐藤蛾次郎
梅太郎 太宰久雄
蓬莱屋 佐山俊二
弁天屋 二見忠男
吉田弁護士 三島雅夫
秋野太作
峠の茶屋のおばあちゃん 村瀬幸子
旅行代理店社長 浜村純
近所のおばさん 谷よしの
北竜介

関連ニュース

いまこそ日本に笑顔を…“寅さん”が4Kデジタル修復版で放送中!
いまこそ日本に笑顔を…“寅さん”が4Kデジタル修復版で放送中!(2020年4月11日 18:55)

近年では『母と暮せば』(15)や「家族はつらいよ」シリーズも手掛ける巨匠・山田洋次監督の代表作で、“寅さん”こと車寅次郎役で渥美清が主演を務め、半世紀にわたって…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 新・男はつらいよ