映画-Movie Walker > 作品を探す > 幕末

「徳川家康」の伊藤大輔が脚本、監督した歴史もの。撮影は「新選組(1969)」の山田一夫

2/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (2)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある雨の日、不自由な足に下駄を引摺った一人の小商人が藩の上士・山田にぶつかり無礼討ちされた。土佐藩では士分以外に下駄は禁制。下士・中平は怪我人に下駄と雨傘を与えた親切があだとなり、「御法度破りの同類」として山田のために討ち果たされた。この一件は烈しく坂本竜馬の心魂を揺ぶり故郷の土佐を脱藩させた。江戸を訪れた竜馬は、かつて剣の腕を磨いた千葉道場に落着いた。千葉は時の幕府海軍奉行、勝海舟を開国論者の先鋒とみて、嫌っていた。しかし、竜馬は海舟を邸に訪ね、立場こそ違え互に国を愛し、国を憂うる心に違いないことを知った。ちょうど、勤王倒幕の雄藩、薩・長二藩の主導権争い激しき折りだった。慶応元年。竜馬は長崎に「社中」を創設し海運業に乗りだした。だが、竜馬は海運業に携わるよりも、中岡と共に薩・長二藩連合のために奔走する方が多かった。その留守を預る近藤が「社中」規約違反の廉で詰腹を切らされ、中岡は同志のケチな差別根性を嚇怒した。同正月二十日。竜馬は長州の桂と薩摩の西郷との間を周旋して、ついに両藩積年の確執と反目を解消させた。だが、それと同時に竜馬は幕吏に狙われるところとなり、お良と結婚したものの安住の地はなかった。が、幕威に比し薩・長二藩の実力は伸長していた。この現実に周章したのは公武合体論の士佐藩だった。土佐藩家老後藤象二郎は竜馬に助言を求めた。竜馬は「将軍慶喜をして大政を奉還せしめる」ことを説いた。慶応三年十月十五日“朝廷勅して大政奉還の請願を許す”その頃、竜馬は河原町通りの醤油商・近江屋に下宿。十一月十五日、風邪の見舞に来た中岡と竜馬は「新政府綱領八策」について議論した。刺客が疾風の如く躍り込りこんで、二人の生命を奪い去ったのは、その最中だった。時に竜馬三十三歳、中岡三十歳であった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 120
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 伊藤大輔
製作 小川衿一郎
脚本 伊藤大輔
撮影 山田一夫
音楽 佐藤勝
美術 伊藤寿一
編集 阿良木佳弘
録音 野津裕男
スチル 鈴木一成
照明 中山治雄

キャスト

坂本竜馬 中村錦之助
後藤象二郎 三船敏郎
中岡慎太郎 仲代達矢
お良 吉永小百合
武市半平太 仲谷昇
近藤長次郎 中村賀津雄
新宮馬之助 松山英太郎
勝海舟 神山繁
桂小五郎 御木本伸介
西郷吉之助 小林桂樹
中平寅之助 片山明彦
中平三和 二木てるみ
山田広衛 山形勲
池上多聞 長島隆一
村嶋右之助 大里健太郎
弁斉 青山宏
沢木将司 新田昌玄
千左右吉 山本学
志田秀躬 奥田情
出石喜助 田中浩
城戸伝次郎 福本勇
新見衛 神木真一郎
安岡金馬 橋本仙三
三神太郎次 太田博之
千葉重太郎 尾形伸之介
才女万里 植田多葉子
品川弥次郎 天田俊明
牟田 浅若芳太郎
朽尾 安田隆
幾久 成合晃
三吉慎造 江原真二郎
四十吉 大辻伺郎
佐市 保積ペペ
小万 江利チエミ
於福 緋多景子
おちよ 高野宏美
菅(士官) 渡辺篤史
布施市之丞 沢井三郎
伊東甲子太郎 中村時之介
藤吉 香川良介
乙女 香川桂子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 幕末