TOP > 上映中の映画作品を探す > 関東義兄弟

「さくら盃 仁義」の内川清一郎八洲僕が共同執筆した脚本を、内川が監督した任侠もの。撮影は「やくざ番外地 抹殺」の萩原泉が担当した。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和の初め。関東のある町。秋祭りの最中、大宝寺仙蔵の車が子供をはねて去った。それを聞いた千場正五郎親分はひかれた健坊の治療費を払わせようとしたが、仙蔵は、逆に子分の源太郎に命じて車の損害賠償を請求し、正五郎の賭場を荒させた。健坊の姉佳代子はそのため芸者になる決心をした。佳代子を励ましたのは刑務所帰りの御所車宗四郎だった。御所車は正五郎の子分一点喜三郎に襲われた。二人は激闘の末小川に落ち、ずぶ濡れになったが、なぜか本当の敵意が湧かなかった。その頃、仙蔵は大工場建設の仕事を得るため有力者・諏訪に佳代子を取りもつ策を巡らしていた。又賭場で喜三郎が代貸の勝三と差しの勝負になった時、壷振りの源太郎の手をとめたのは御所車だった。彼はイカサマを見破った喜三郎の背を狙う拳銃に気付いたのである。帰途、二人は源太郎、辰吉一味に襲われて、喜三郎は逆に辰吉を殺してしまった。喜三郎は自首した。佳代子への陰謀が御所車によって失敗し工事が正五郎に決まりそうになり、仙蔵は正五郎を闇討ちした。臨終の床で正五郎は、実の息子である、源太郎の事を、御所車に託して死んだ。源太郎はそれを知ると、大宝寺一家へ単身乗り込み、盃を投げ返した。そこへ御所車が助っ人に現われ、たちまち三人を斬り伏せた。仙蔵がピストルで御所車を狙っていたが、気づいた源太郎が咄嗟に御所車の仕込杖を投げ、仙蔵の胸板を深々と貫いた。二人は固く手を握り義兄弟の誓いを交わした。

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 西川幸男望月利雄
脚本 内川清一郎八洲僕
監督 内川清一郎
撮影 萩原泉
音楽 大森盛太郎
美術 池田千京
照明 小林恒雄
録音 空閑昌敏
スチール 浅石靖
編集 相良久

キャスト

御所車宗四郎 村田英雄
神馬源太郎 里見浩太朗
一点喜三郎 北島三郎
佳代子 梶芽衣子
梅若 菊ひろ子
芸者置き屋鳶 香川桂子
娘小百合 小松みどり
如月女将静 浦里はるみ
直子 浅井美帆
千場正五郎 辰巳柳太郎
代貸伊佐吉 東大二郎
乾分良造 藤森達雄
乾分政吉 天野新士
大宝寺仙蔵 富田仲次郎
代貸向傷勝三 宮島誠
代貸勘吉 伊吹総太朗
代貸弥平太 河野弘
代貸重五郎 御影伸介
代貸藤兵衛 小林忠男
代貸助三郎 堀卓嗣
代貸平八 山本正幸
代貸嘉助 英四郎
乾分辰吉 高瀬敏光
壷振り次郎 北上銀
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/1更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 関東義兄弟