映画-Movie Walker > 作品を探す > 社長学ABC

「続社長えんま帖」の笠原良三松林宗恵のコンビが、脚本・監督を担当したシリーズ第三十二作。撮影は「水戸黄門漫遊記(1969)」の長谷川清が担当した。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大日食品社長の網野参太郎は、大日系会社の躍進をねがう大日物産の郷司社長から、大社長の椅子を与えられることになった。参太郎は、社内の動揺を考えて、後任の新社長に専務の丹波久を、総務部長の石橋を専務に、営業課長の猿渡を部長にそれぞれ昇格させた。ところが、大日物産の株主総会で、郷司の親会社社長留任が決まり参太郎は大日食品会長として丹波新社長を援助することになった。名目は会長でも実際は社長二人と同じこと社内は大混乱になった。そんな時参太郎のもとへ華僑の汪滄海が食品関係の視察を兼ねた台湾旅行の話を持ってきた。渡りに舟と、妻厚子の厳重な浮気監視の目を巧みにすりぬけ旅立った。台湾に着いた参太郎は、汪に馳走された鰻の天ぷらを気に入り大日食品で扱おうと申し出たが、考えてみると自分は会長の身、慌てて、丹波・猿渡を呼ぶ羽目になった。そんな折、参太郎は、汪に招待されてやって来たなじみの小料理屋のおかみ・庄子と再会した。その上、汪の女房の目が厳しいので、夫婦という形にしてくれと頼まれ、参太郎ますますゴキゲンになった。庄子をホテルの自室に連れ帰った参太郎は、彼女をベッドに誘ったがその時ノックの音がした。そこには、日本から着いた丹波と猿渡が立っていた。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 松林宗恵
製作 藤本真澄五明忠人
脚本 笠原良三
撮影 長谷川清
音楽 宅孝二
美術 中古智
編集 岩下広一
録音 矢野口文雄
スチル 吉崎松雄
照明 石井長四郎

キャスト

網野参太郎 森繁久彌
網野厚子 久慈あさみ
郷司敬之助 東野英治郎
丹波久 小林桂樹
丹波登代子 司葉子
丹波未知子 内藤洋子
丹波隆子 伊東ひでみ
丹波あぐり 英百合子
石橋鉄吉 加東大介
猿渡平一 藤岡琢也
井関英男 関口宏
三浦 東山敬司
花井 大矢茂
汪滄海 小沢昭一
蔡梨花 恬エンテ
時岡マヤ 草笛光子
細川庄子 池内淳子
木内真沙枝 団令子
汪夫人 陳恵珠
順子 中真千子
はるみ 進千賀子
山田 山田はるみ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 社長学ABC