TOP > 映画作品を探す > 新・与太郎戦記

春風亭柳昇の原作(立風書房版)を「続・与太郎戦記」の舟橋和郎が脚色し、「女賭博師十番勝負」の田中重雄が監督した喜劇。撮影は「ある女子高校医の記録 続・妊娠」の喜多崎晃

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

秋本与太郎が念願の一等兵に昇格した。だが相変らずの粗忽ぶり、何くれとなく補充兵水沢の面倒をみるが、古参兵らしからぬヘマの連続だった。坂上班長はそんな与太郎にラッパ手の特訓を受けさせた。与太郎は真剣だった。が、音をあらぬ所から発して失格、炊事当番に廻された。そんなおり、班一番の古参兵・村松上等兵が、夜間行軍でアゴを出し、自慢のヒゲを剃られた。与太郎はしょんぼり顔の村松にいたく同情。外出日に、炊事場から失敬した酒と牛肉をたずさえて村松家を訪問した。ところが、ここでご馳走になったスダコが原因で腹痛を起し陸軍病院へ。しかも腸チフスと診断されて伝染病棟へ強制収容されてしまった。しかし看護婦が夢にまで見た千恵子とさくら。与太郎は早速同文の恋文で二兎を追ったが一兎をも得られなかった。しかも検査の結果が単なる下痢と出て、病院を追いだされてしまった。原隊に復帰した与太郎の最初の任務は表門歩哨だった。そこで与太郎は、水沢二等兵の一人息子正太が、父恋しさのあまり営門から侵び込もうとするのを発見、親子を対面させようと企ったが失敗してしまった。この世に父しか身内のない正太。その境遇に同情した与太郎は師匠柳橋に水沢除隊までの正太を預けた。これで万事落着。班に戻った与太郎は得意の落語で仲間を笑いの渦に巻込んだ。

作品データ

製作年 1969年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 関幸輔
原作 春風亭柳昇
脚色 舟橋和郎
監督 田中重雄
撮影 喜多崎晃
音楽 北村和夫
美術 後藤岱二郎
照明 泉正蔵
録音 奥村幸雄
スチール 椎名勇
編集 中静達治

キャスト

秋本与太郎 フランキー堺
村松上等兵 伴淳三郎
水沢誠一郎 船越英二
水沢正一 川口英樹
千恵子 南美川洋子
大和田さくら 笠原玲子
総婦長 竹里光子
村松おたね 都家かつ江
剣持軍曹 春風亭柳昇
大川兵長 早川雄三
坂上准尉 田武謙三
田熊六年兵 梅津栄
植木衛生兵長 四代目三遊亭金馬
師団長 柳家金語楼
副官 原田玄
部隊長 北城寿太郎
軍医 三遊亭小円遊
当番A 源大作
当番B 飛田喜佐夫
右川大尉 夏木章
三原中尉 仲村隆
ラッパ教官 柳家つばめ
島津少尉 九段吾郎
飯田上等兵 小山内淳
野崎伍長 桂伸治
週番士官 佐伯勇
吉原伍長 関敬六
片山上等丘 三夏伸
橋本上等兵 橋本力
高木上等兵 喜多大八
春風亭柳橋 春風亭柳橋
春風亭柳好 春風亭柳好
兄弟子A 春風亭橋之助
兄弟子B 春風亭扇枝
兄弟子C 春風亭栄橋
兄弟子D 春風亭柏葉
院長 五代目柳家小さん
米屋 渡辺鉄弥
三河屋 桂米丸
魚屋 三遊亭歌奴
滝川二等兵 世志凡太
桜井二等兵 谷謙一
山田二等兵 石田俊介
河野二等兵 遠藤哲平
戸倉二等兵 河島尚真
不寝番 稲妻竜二
衛生兵 森田健二
軍医 中田勉
患者A 螢雪太朗
患者B 志保京助
歩哨 井上大吾
憲兵 荒木康夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 新・与太郎戦記