映画-Movie Walker > 作品を探す > 日本女侠伝 真赤な度胸花

「日本暗殺秘録」の笠原和夫が脚本を書き、「新網走番外地 流人岬の血斗」の降旗康男が監督したシリーズ第二作。撮影は、「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」の古谷伸が担当した。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

開拓期。北海道札幌。博労総代の松尾兼之助は、馬市の利権をめぐって、博徒大野金次郎の子分に射殺された。それを目撃した飼子頭の源次を捕えた大金は、源次を脅迫して博労総代に立てた。一方松尾の番頭七兵衛は、兼之助の遺言通り、松尾の一人娘・雪を九州から呼び寄せ、後継者になるように説得したが、雪は断わった。しかし、兼之助の遺書を見て、父の跡をつぐ決心をした。理事会の表決は割れて、黒白をつけるには、行方不明の理事風見五郎の一票が必要になった。木島牧場が大金一家に放火されたのは、そんな頃だった。暴走した馬を追う雪を底なし沼から救ったのは、風見五郎だった。五郎の父周平は昔兼之助と広大な土地をめぐって争い、敗れた周平は、自害したのだった。七兵衛から一切を聞いた雪は茫然とした。そんな時、源次が大金一家から逃れて来た。これを機に松尾派は源次を証人に立て、理事会開催を進めた。一方、大金一家もこれを潰すべく、子分を集めた。源次が大金一家に殺されたのはそんな折だった。数百人の子分を集めた大金は、警察署を占領した。大金一家の悪どいやり方に業をにやした五郎は、恨みも忘れ、雪の正義感に心うたれ助力を申し出た。銃を手にした雪と五郎を先頭に、一同は警察署に殴り込み、激闘の末、大金を倒した。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 94
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 降旗康男
脚本 笠原和夫
企画 俊藤浩滋日下部五朗
撮影 古谷伸
音楽 八木正生
美術 井川徳道
編集 宮本信太郎
録音 渡部芳丈
スチール 藤本武
照明 和多田弘

キャスト

松尾雪 藤純子
松尾兼之助 小沢栄太郎
陣之内七兵街 石山健二郎
トッカリ松 山本麟一
小杉信作 小松方正
マキリ 五十嵐義弘
ピリカ 浅松三紀子
益川源次 山城新伍
お梅 橘ますみ
吾市 香川雅人
お玉 三島ゆり子
八千代 牧淳子
お駒 丸平峰子
若江 紅かおる
古賀 清水元
木島 高野真二
岩井 小田真士
村上 那須伸太朗
戸川 世羅豊
亥之吉 唐沢民賢
重助 森敏光
万平 椿竜之介
本田署長 中村錦司
大野金次郎 天津敏
鬼常 林彰太郎
竜神安 名和宏
ガン留 三国一太郎
喜代蔵 笹木俊志
仙八 宍戸大全
向井三蔵 遠藤辰雄
井上 矢奈木邦二郎
坂田 蓑和田良太
榎本 大城泰
桑原 大河内広太郎
風見志津 高森和子
風見周平 徳大寺伸
郡長 村居京之輔
風見五郎 高倉健

レビュー

高倉健が懸命に藤純子を口説く

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/10/16)

 「緋牡丹博徒」シリーズのヒットで東映任侠映画のビッグスター…

[続きを読む]

支持者:10人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 日本女侠伝 真赤な度胸花