TOP > 映画作品を探す > 眠狂四郎卍斬り

「牡丹燈籠」の依田義賢が脚本を執筆し、「刑務所破り」の池広一夫が監督したシリーズ第十四作。撮影は「眠狂四郎円月殺法」の武田千吉郎が担当。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

眠狂四郎は、岸和田藩家老内藤主水から主君寵愛の女理江を殺すよう頼まれたことから、老中の座をめぐる岸和田、薩摩両藩の争いに巻き込まれた。薩摩の暗殺団隠密党に襲われた狂四郎はその一人混血の剣士梅津一郎太におのれの姿をみた。江戸屋敷で薩摩の間者理江を犯した狂四郎は亡き母の面影をその面上にみるのだった。数々の罠が狂四郎を待ちうけていた。武家妻いとは、操を代償に良人の命乞いをし、スキをうかがい魔剣をふるった。また、狐つきを装った千佐は吹針で狂四郎の眼を襲った。半ば盲いた眼をかばいながら、大河を渡る狂四郎に暗殺団の火炎攻撃。炎上の舟中、危機一髪狂四郎を救った妖艶な鳥追い女お登奈は狂四郎に抱かれた。その背に入れた狂四郎の刺青を愛するがゆえに狂四郎の死を願っていた。が、お登奈は狂四郎を襲った断崖の岩石攻撃の犠牲となった。さらに、兄の仇と理江を人質に勝負を挑んだ奥村弁次郎の豪剣も、狂四郎の魔剣に倒れた。隠密党と最後の決戦の時が来た。理江を討った隠密党の烈剣も怒りの円月殺法にことごとく倒された。そして、幽鬼さながらの一郎太も凄絶な死闘の末、狂四郎に屈した。

作品データ

製作年 1969年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 八尋大和
原作 柴田錬三郎
脚本 依田義賢
監督 池広一夫
撮影 武田千吉郎
音楽 渡辺岳夫
美術 加藤茂
照明 古谷賢次
録音 大角正夫
スチール 都筑輝孝
編集 谷口登司夫

キャスト

眠狂四郎 松方弘樹
理江 南美川洋子
千佐 松岡きっこ
梅津一郎太 田村正和
いと 笠原玲子
お登奈 しめぎしがこ
須美 宇田あつみ
しの 御影京子
奥村弁次郎 中谷一郎
内藤主水 永田靖
岡部邦宗 亀石征一郎
都田水心 内田朝雄
杜園 加藤嘉
天心坊 伊達三郎
虚無僧 木村元
竜馬 水上保廣
東郷蔵之助 堀田真三
伊集院司 橋本力
頭巾の武士 堀北幸夫
槍の侍 黒木現
安五郎 北野拓也
女乞食 小柳圭子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 眠狂四郎卍斬り