TOP > 上映中の映画作品を探す > 戦争の犬たち(1980・日本)

インドシナ半島の架空の国を舞台に、ゲリラに人質にされた日本人科学者救出のために、集められた庸われ兵士たちの活躍を描く。脚本、監督は「特攻任侠自衛隊」の土方鉄人、撮影は伊東英男がそれぞれ担当。

5/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

インドシナのラオタイ国の愛国戦線に奪われた二名の科学者を救出するため、海外進出企業の会長は政府首脳の協力で日本人庸兵部隊を現地に送り人質奪還作戦を開始した。元陸上自衛隊レインジャー教官で、アンゴラ、中東などを転戦した経歴を持つ吉成元一尉を隊長に人集めが始まった。戦争狂の山本、右翼団体の雷電など、世の中を面白く思っていない男達を集めるのに苦労はいらなかった。しかし、そんな連中でも、海外での戦闘という目的に動揺はかくせない。そして、隊員の小暮が脱走し、制裁に射殺された。だが、この事件によって隊員の士気は昂まり、厳しい訓練を経て、あとは作戦開始を待つばかりとなった。そして、この作戦に協力する南ベトナム特殊部隊の残党ラモン大佐の待つラオタイ国へ十四名のコマンドは飛びたち、激しい戦闘の末作戦は見事に成功を収めるのだった。

作品データ

製作年 1980年
製作国 日本
配給 その他
上映時間 93
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 小泉作一
プロデューサー 飯島洋一
撮影 伊東英男
音楽 泉谷しげる
美術 鈴木文男
録音 齋藤恒夫
照明 磯貝誠
スチール 滝本淳助
編集 高城哲
助監督 成田裕介

キャスト

山本 飯島洋一
吉成 青木義朗
清水宏
ラモソン 港雄一
本多 椎谷建治
グエン 泉谷しげる
雷電 安岡力也
小暮 たこ八郎
鬼熊 龍駿介
プロパー 堀礼文
小畑 小島光二
確水明
鈴山 南たかし
ベルマ 立川談とん
ゲリラ 所ジョージ
部落長 梅津栄
政府要人 草薙幸二郎
会社社長 佐藤慶
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 戦争の犬たち(1980・日本)