映画-Movie Walker > 作品を探す > 戒厳令の夜

占領下のパリからナチスによって日本へ持ち運ばれた絵の背後にある秘密を追う主人公たちを描く。五木寛之の同名ベストセラー小説の映画化で、脚本は夢野京太郎佐々木守の共同執筆、監督は「徳川一族の崩壊」の山下耕作、撮影は宮島義勇がそれぞれ担当。(16m/m)

4/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

かって美術学者を志した江間隆之は、博多のバーで、すべての作品が失われてしまったと言われている南米ヌエバグラナダの画家、パブロ・ロペスの“少女の像”の絵を見つけた。江間はかっての恩師秋沢を訪ねその話をする。数日後、秋沢はひとり娘、冴子を残して謎の自殺をとげる。江間はフランス帰りの友人伊崎から、占領下のパリで、ロペスの作品がナチスに略奪され、ロペスは行方不明、パトロンのイザベルは死体となって発見されたことを聞いた。江間はパリでロペスの絵を見たというもと大陸狼人、鳴海望洋を訪ねた。鳴海はその絵の背後にある血の匂いを嗅ぎとり、そして、ロペスの全作品が密かに日本に運ばれ、筑豊炭田の廃鉱に隠匿された事実をつきとめた。さらに、敗戦直後、その廃鉱から少女像を盗みだし、闇の脅迫者に追われオカマに身をやつしている谷沢から、炭鉱成金の原島が暗躍していることも聞いた。その頃、ヌエバグラナダの文化省高官で、イザベルの従姉であるバルデス夫人が来日、ロペス作品の返還を求めた。一方、冴子は父の遺書から、父が原島の依頼でロペスの絵を鑑定し、そのことを口外しないようにGHQに誓わされたことを知る。鳴海は原島一党に戦端をひらき、腹心の、元自衛隊レンジャー部隊教官の黒崎たちを率いて、九州で開かれた総理の出席する会議場に乱入、壮烈な爆死を遂げた。ロペス作品を手中にした江間と冴子は、鳴海を慕う人々の協力と、バルデス夫人の手配した船で日本を脱出、ヌエバグラナダへ向った。しかし、そこは戒厳令が敷かれ、夫人は捕えられ、江間と冴子は少女像を抱いて荒野に逃げた。しかし、傷ついた二人は反乱軍の手中に落ちてしまう。銃声が二発、処刑場から鳴りひびいた。累々たる死屍を斜陽が映しだしている。と、そのとき、まぼろしの少女が立ちあがり、黒い裳をひいて歩みはじめるのだった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 1980年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 136
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

鳴海望洋 鶴田浩二
江間隆之 伊藤孝雄
秋沢冴子 樋口可南子
秋沢敬之助 佐藤慶
黒崎良平 伊吹吾郎
谷沢康吉 長門勇
盗掘のリーダー 殿山泰司
鹿火隼人 浜村純
原島雄一郎 大木実
原良介 伊藤雄之助
柴垣勝利 岩城滉一
伊崎史郎 常田富士男
藤乃 東郷健
エラ ナンシー・チェニー
久美子 朝丘百合子
老婆 岡島艶子
彰四郎 桐原五月
水田秀雄 江角英
総理大臣 稲葉義男
政府高官 青木義朗
幹事長 幸田宗丸
黒人兵 ウィリー・ドーソン
二世のGI ポール・パルマンティエ
イザベル エリザ・セルヴィエール
ドイツ軍将校 アレハンドレ・グレコ
ミゲール・ロペス ハイロ・アリアス
その妻 レオノール・トスカーノ
まぼろしの少女 イダリー・バジェン
パブロ・ロペス ラモン・ディアス・モンチョ
バルデス夫人 ルス・エレナ・カルデナス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 戒厳令の夜