映画-Movie Walker > 作品を探す > おさな妻(1980)

苛酷な試練を乗り込えて生きる新妻の姿を描く。脚本は「女高生 危険なめばえ」の鹿水晶子、監督も同作の白鳥伸一、撮影は「淫絶海女 うずく」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

その日は、新婚ホヤホヤの悦子の誕生日だった。料理の仕度を終え、夫、則夫の帰宅を待つ悦子。その頃、則夫はスナックで飲んでいた。興信所に勤める則夫は、浮気調査の客をユスったのがバレて会社をクビになってしまい、そのことを妻に言い出しかねていた。そこへ会社の畑中と江崎がやってきて相手に払った示談金百万円を取りたてた。則夫はメチャクチャに殴られ、なんとかアパートへ帰った。翌日、則夫の会社に電話した悦子は、夫が一カ月前に辞めていることを知らされる。呆然とする悦子を、勤務先の郵便局の事務所長、田村は優しくなぐさめる。そのとき、則夫は悦子の同寮ゆり子と激しく絡み合っていた。その夜、借金の取りたてにやってきた畑中と江崎は払えない悦子を荒々しく犯していった。そして、悦子は借金返済のため、郵便局を辞めキャバレーに働きに出た。数日後、アパートに戻った則夫はそのことを聞いて愕然とし、畑中を見つけてナイフで切りつけた。悦子はその医者代を払うために嫌な客と温泉に向う。帰って来ると則夫は姿を消しており、隣りの人からゆり子の所にいると聞く。ゆり子のアパートで、彼女は則夫の子を宿していることを聞き、思わず逃げだした。しかし悦子はひとり海辺を歩きながら、則夫の帰ってくるのを待とうと決心するのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1980年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 白鳥信一
製作 中川好久
脚本 鹿水晶子
企画 山田耕大
撮影 山崎敏郎
音楽 大野雄二
美術 菊川芳江
編集 山田真司
録音 福島信雅
スチール 浅石靖
助監督 川崎善広
照明 小林秀之

キャスト

悦子 原悦子
則夫 山本伸吾
ゆり子 三崎奈美
島元 矢崎滋
美智 吉行和子
連太郎 桑山正一
せき 絵沢萠子
湯山 島村謙次
春江 八木景子
アケミ 清水石あけみ
田村 浜口竜哉
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

クエンティン・タランティーノ作品でレオナルド・ディカプリオ×ブラッド・ピット共演

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > おさな妻(1980)