映画-Movie Walker > 作品を探す > 女子大生の告白 赤い誘惑者

キャンパスライフにあきたらず、ホステス、ストリッパーなどのバイトを通じて現実社会を学ぶ女子大生の姿を描く。和歌山大学の現役女子大生紀ノ山涼子が脚本を書き、主演して話題を呼んだもので、監督は「宇能鴻一郎のあつく湿って」の加藤彰、撮影は「果てしなき絶頂」の荻原憲治がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

女子大生の春子は、平穏な学生生活にあきたらず、夜は高級クラブのホステスのアルバイト、大学教授の松村というパトロンもいた。さらに視野を広げようと、ホステスをやめて、ストリッパーを始める。そんな時、春子は、松村の教え子で作家の大谷と知り合った。やがて二人は同棲生活を始める。昼はストリップの人気ダンサー、夜は大谷と激しく情事に燃える春子だった。そして、踊り子たちとの交流で、実社会の様々な面を学んでいく。それは無味乾燥なキャンパスライフでは得られないものだ。ある日、春子は大谷の書いた原稿を見た。老女殺人計画を描いたその原稿は、妙な生々しさがあり、春子は大谷の真意を探ろうとした。大谷の原稿は書き上がっていく。すなわち決行の日が近いということだ。そして、小説が完成したとき、春子は大谷の部屋を訪れた。そこには老婆の死体が……。春子に小説の最後のシーンが目に浮んだ。斧をふりあげ恐しい目つきの大谷。その老婆は、大谷の童貞を奪った伯母で、以来、彼女は若い肉体にとりついて、関係を続けたという。その情事で大谷の人格が作られた。大谷はその束縛からの脱出を考え、それを実行したのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1980年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 69
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 加藤彰
製作 八巻晶彦
脚本 紀ノ山涼子
企画 山田耕大
撮影 荻原憲治
音楽 高田信
美術 柳生一夫
編集 鍋島惇
録音 佐藤富士男
スチール 目黒祐司
助監督 上垣保朗
照明 小林秀之

キャスト

春子 紀ノ山涼子
百合 山口美也子
弓子 朝霧友香
ルル 丘ナオミ
大谷 佐竹一男
松村 大河内稔
ストリップ小屋支配人 高橋明
初江 吉川遊士
松太郎 藤井智憲
梅夫 西村克己
春子の男 佐藤了一
セールスマン 影山英俊
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

クエンティン・タランティーノ作品でレオナルド・ディカプリオ×ブラッド・ピット共演

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 女子大生の告白 赤い誘惑者