TOP > 映画作品を探す > ナオミ

谷崎潤一郎の『痴人の愛』の四度目の映画化で、狡猾で淫蕩なヒロイン“ナオミ”の愛と性を現代の女性像として描く。脚本は「往生安楽国」の高林陽一と「未来少年コナン」の今戸栄一の共同執筆、監督も同作の高林陽一、撮影は「女高生 危険なめばえ」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

宝飾貿易会社を経営する三十八歳の河合譲治がはじめてナオミと知り合ったのは、彼女が高校を中退したばかりの十六歳のときだった。譲治がしばしば利用するスナックに彼女が働いていたのだ。ナオミに魅せられた譲治は彼女を引き取り、知的で美しい理想の女性に育てようとした。二人は結婚して鎌倉に家を買った。十八歳になりいっそう美しさをましたナオミは、また淫蕩で気まぐれな性格も目立って来る。テニスクラブのメンバーの青年、浜田や他の若者たちを集めてかって気ままに遊び歩く。そして、ナオミの狼費癖は見境を知らず、下着だろうがドレスだろうが、片端から買い漁るのだった。譲治の出費はかさむ一方だが、ナオミの虜となってしまった今、強い態度に出れず、全てを許してしまう。その頃、ナオミの男関係は近所でも評判で、そのことを浜田から聞いて愕然とした譲治はとうとう彼女と別れる決心をする。鎌倉の家を出たナオミは、六本木あたりで、不良外国人たちと関りを持ち、自堕落な生活を送っていた。そんな生活の空しさ、哀しさに襲われ、荒みきった彼女は、荷物を取りに行く口実を作って譲治のいる鎌倉の家を訪ねた。そして、また二人の生活がはじまった。しかし、今度は、譲治がいっさいナオミの行動に干渉しないことなどが約束され、彼女の肉体の情欲はとどまるところを知らなかった。

作品データ

製作年 1980年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 104
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 高林陽一
原作 谷崎潤一郎
脚本 高林陽一今戸栄一
監督 高林陽一
撮影 高村倉太郎
音楽 シルクロード
美術 野尻均
録音 伴利也
照明 山田一男
スチール 大川直人
編集 田中修
助監督 梅原重治

キャスト

ナオミ 水原ゆう紀
河合譲治 斉藤真
浜田 光田昌弘
熊谷 平野克己
中村 田中隆
吉田 黒田努
津山栄一
春野綺羅子 森愛
中村菊子 奈三恭子
長谷 平泉征
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ナオミ