TOP > 映画作品を探す > 関白宣言

さだまさしのヒット曲「関白宣言」をヒントに映画化したサラリーマン喜劇。脚本は紺野八郎かがみおさむの共同執筆、監督は「恋の空中ぶらんこ」の松林宗恵、撮影は「トラブルマン 笑うと殺すゾ」の加藤雄大がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

二十三歳の宇田まさしは理想を追い求め、いまだに恋人もいない。会社の悪友の浩は結婚していて子供もいるし、みのるはガールフレンドにことかかないプレイボーイ。そして、鬼部長からは「君を採用したのは人事のミスだ」とまで言われている。そんなまさしにみかねたみのるは、久美という女の子を紹介する。取柄のないまさしを「仕事の腕は抜群、会社の宝」と持ち上げ、さらに「おじいさんの遺産の無人島を持っている」と言う。この島の話は本当だそうだ。そんな話に目を輝かせる久美。まさしは勿論一目惚れ、何とかデートにこぎつけたが、久美があの鬼部長の娘と分ったから大変だ。まさしは愕然とするが、一大決心をして、「お願いだから久美さんと交際させて」と言って部長をおこらせてしまう。怒り狂った部長は有能な若手小田を久美に会わす。悲しげな久美は部屋に引きこもったままで、部長が入ると、彼女の前に分厚いメロディつきの手紙がある。こんなもの返してやると言って、翌日、部長はまさしをバーに呼びつけた。ものは試しに歌ってみろと部長が言うのでまさしは歌いはじめた。心をこめて歌う関白宣言。ジッと聞き入る部長の目から思わず涙が。つられそうになったまさしに、部長はもう鬼に見えない。そして、それからことは夢のように運んで、二人は結婚、例の無人島にハネムーンに出発した。

作品データ

製作年 1979年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 荒木正也
脚本 紺野八郎かがみおさむ
監督 松林宗惠
撮影 加藤雄大
音楽 渡辺俊幸
美術 樋口幸男
録音 田中信行
照明 佐藤幸次郎
スチール 岩井隆志
編集 池田美千子
助監督 西川常三郎
製作協力 山田順彦

キャスト

宇田まさし さだ繁理
鈴木久美 名取裕子
鈴木部長 財津一郎
古山みのる 新井康弘
山川浩 丹波義隆
風間好子 佐良直美
岡崎 田中邦衛
相沢あけみ テレサ野田
野坂めぐみ 亜湖
宇田政子 泉ピン子
祖母 北林谷栄
久美の従妹清子 鶴田さやか
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/3更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 関白宣言