映画-Movie Walker > 作品を探す > 夜叉ヶ池

山麓の鐘を日に三度つかなければ、夜叉ヶ池に封じ込められている竜神が暴れだすという言い伝えを破ったために、竜に村を滅ぼされてしまうという幻想と伝説の世界を描く泉鏡花の戯曲の映画化で、脚本は「十八歳、海へ」の田村孟三村晴彦の共同執筆、監督は「はなれ瞽女おりん」の篠田正浩、撮影は「雲霧仁左衛門」の小杉正雄と「九月の空」の坂本典隆がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

越前・三国嶽の山中、竜神が封じ込められているという夜叉ヶ池の傍に、萩原晃と妻の百合が住んでいた。未曽有の陽照りが続いていた夏のある日、二人の住む村に一人の男が訪れた。男は山沢学円という学者で、一昨年の夏、親友が国々に伝わる不思議な物語を集めようと東京を旅立ち、そのまま行方が知れなくたったと百合に話す。その男が夫、晃と察する百合。二人の話を立ち聞きした晃は学円の前に出て、ここに落ちついた訳を語る。晃は夜叉ヶ池を見ようと谷に入り、そこで五十年間鐘をつき続けて来た老いた鐘楼守弥太兵衛に会い、鐘にまつわる不思議な話を聞いた。「昔、人と水が戦って、この里が滅びようとした時、越の大徳、泰澄が行力で竜神を夜叉ヶ池に封じ込んだ。竜神は、自分は自由を求める気持が強いのだから、鐘を作って毎昼夜三度ずつ鳴らし、決して池から出ないという約束を思いおこさせてほしいと云って水底に沈んだ」という。その日弥太兵衛は死んだ。鐘をつかないと竜が暴れだすという話に耳を貸さない村人たち。そのとき、美しい百合と知り合った晃は第二の弥太兵衛になることを決心したのだ。晃は学円を夜叉ヶ池に案内する。夜の闇に、化け物の数々が出て歌い騒り出す人間とは別の世界の夜叉ヶ池。池の主白雪姫は、剣ヶ峰、千蛇ヶ池の若旦那に想いを寄せていたが、飛び出せば村を水びたしにするため、先祖以来の人間との堅い約束に縛られていた。鐘の音さえなくなればと口借しがる姫。今にも飛び出さんと思うが、晃と百合のために思いとどまる。一方人間世界では、百合の叔父の悪神官が雨乞いのために村一番の美女百合をいけにえにするとひきつれて行った。百合は自らのどを突いて死んだ。絶望した晃は鐘をつかず、撞木の縄を切った。雷鳴がとどろき、黒雲が夜叉ヶ池を覆い、大津波がおし寄せて村は一瞬のうちに全滅した。自由になれたことを喜ぶ姫。月光がさす水底の巨鐘に、晃と百合の平和なたたずまいが見え、合掌する学円の姿も見えた。

見たい映画に
登録した人
7

作品データ

製作年 1979年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 124
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 篠田正浩
製作 杉崎重美富沢幸男中川完治
原作 泉鏡花
脚本 田村孟三村晴彦
撮影 小杉正雄坂本典隆
特殊撮影 矢島信男
音楽 富田勲
美術 粟津潔朝倉摂横山豊
編集 池田禅山地早智子
録音 平松時夫
スチール 赤井博且
振付 竹邑類
助監督 熊谷勲
照明 飯島博

キャスト

百合 坂東玉三郎
白雪姫 坂東玉三郎
萩原晃 加藤剛
山沢学円 山崎努
湯尾峠の万年姥 丹阿弥谷津子
鯉七 井川比佐志
蟹五郎 常田富士男
木の芽峠の山椿 石井めぐみ
鯖江太郎 古田正志
虎杖の入道 佐藤和男
十三塚の骨 阿藤海
影法師 浜村純
鐘つき弥太兵衛 浜村純
鯰入 三木のり平
与十 山谷初男
与十の女房 高山真樹
与十の娘 西願由美
村の女 小林トシ江
老姿 田中筆子
鹿見宅膳 南原宏治
権藤管八 安部徹
斉田初雄 矢崎滋
畑上嘉伝次 金井大
伝吉 唐十郎
小鳥風呂功 大前均
穴隈鉱蔵 金田龍之介
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 夜叉ヶ池