映画-Movie Walker > 作品を探す > 本日ただいま誕生

曹洞宗大垣法永寺住職故小沢道雄師が自分の辿った、数奇な運命を著述した同名の小説の映画化。脚本は下飯坂菊馬千田由治の共同執筆、監督は「わが青春のイレブン」の降旗康男、撮影は田中正がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第二次大戦、戦場で右肩の自由を失い、敗戦でシベリアに抑留されていた大沢雄平は零下四十度を越える極寒の貨車の中で凍傷におかされ、両足を切断する。生死の境を彷徨しながら、引揚船で敗戦による荒廃と混乱の日本にやっと帰国。「よう帰って来た」と涙する母との再会の喜びも束の間、元上官の母娘の家に寄宿して、慣れない義足をつけて生きなければならなかった。その時、雄平は高子と知り合った。そして雄平は再手術をした後、病院の片隅で細々と商売を始める。そこで、雄平を満州の荒野に置き去りにした二人の男、横田と坂本に再会する。土下座して許しを乞う二人と共に、雄平は小さな会社を興す。商いも繁盛し、高子の真情を知り、彼女を愛し始めるのだった。だが、現実は夢を見させない。会社は倒産し、心を開き生活を共にした高子とのどん底の生活、そして別れがやってきた。九死に一生を得た生に次々と訪れる困難。流転三界、雄平は、頭を剃り、頭陀袋を下げて放浪の旅に出る。義足での托鉢行脚の放浪中、見知らぬ人々との交りの中から、きらめくような真理を会得し、自からの法悦を説き、安心立命の境地へ変貌をとげていくのだった……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1979年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 133
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 降旗康男
製作 大森慎
原作 小沢道雄
脚本 下飯坂菊馬千田由治
企画 千田由治
撮影 田中正
美術 中村州志
編集 西東清明
録音 広上益弘
スチル 中村隆行湯村和久
助監督 杉村六郎

キャスト

大沢雄平 植木等
佐伯高子 宇津宮雅代
横田 川谷拓三
田島軍医 北村和夫
吉岡 室田日出男
実緒 山口いづみ
マリ 嶺川貴子
清水技師 高岡健二
虚無僧 ハナ肇
当り屋金子 谷啓
ラーメン屋の主人 犬塚弘
あんまの亭主 桜井センリ
金子の友人 安田伸
川上巡査 荒井注
女あんま 春川ますみ
おさよ 赤座美代子
原泉
厚化粧の老婆 小夜福子
仙台 常田富士男
河原崎建三
佐伯大佐 井上脩
校長 大森義夫
上州 戸浦六宏
坂本 中村敦夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 本日ただいま誕生