映画-Movie Walker > 作品を探す > 聖職の碑

大正二年八月、中箕輪尋常高等小学校の修学旅行で起こった遭難を通して、生きること、愛することを描く新田次郎原作の映画化。脚本は「天保水滸伝 大原幽学」の山内久、監督は「八甲田山」の森谷司郎、撮影は「姿三四郎(1977)」の木村大作がそれぞれ担当。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

中箕輪尋常高等小学校高等科二年生二十五名、青年会員九名、引率清水、征矢、赤羽校長の三十七名が、修学旅行中、暴風雨に襲われ、山小屋を急造して避難していた。赤羽校長にとっては、この中央アルプス駒ケ岳登山は執念の行事であった。それは彼の“子供は生まれついては強くも正しくもない、それを鍛え、困難を乗り越えられる人間にするのが教育だ”という方針の為である。しかし、清水訓導は、もともとこの登山には反対であった。彼は、同僚の樋口や伊吹やえとともに自由な理想教育を目指し、校長とは度々論争をしていた。赤羽校長の腕の中で古屋時松がこと切れると、小屋の中にパニックが起こった。一人の青年が、屋根にしてあった着ゴザを引きはがして嵐の中に逃げ出すと、青年達は次々と後を追った。そして、生徒と教師と一部青年会員の悲劇の下山が始まった。着ゴザを手に入れられなかった生徒達が次々と死に、校長は自分のシャツを生徒に着せて死んだ。征矢は山を下り救援を求め、清水は負傷した生徒を岩陰に連れていった。この登山に最も強く反対していた有賀主任訓導は、救援本部にかけつけると、すべてのシャツを生徒に着せて、凍死している赤羽校長の姿があった。有賀は教育の方針の違いを越えた大きな愛を見る思いがした。村葬の日、学校関係者や校長未亡人の回りには遺族たちからの罵声が渦巻き、校長の家には連日投石が続いた。生きて帰った清水、征矢には査問会が待っていた。周囲の反対を押しての結婚を控えていた樋口訓導は、校長に“今が一番大切な時だから残るように”といわれていたが、校長の後を追って自殺する。有賀は病身を押して教師と生徒の心のふれあいを記念する遭難碑を建立し、その記念碑除幕式の翌日、世を去った。それから十二年後、修学旅行は再会され、それは今にうけつがれている。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1978年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 153
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 森谷司郎
協力監督 大森健次郎
製作 田中収
原作 新田次郎
脚本 山内久
企画 吉成孝昌馬場和夫
撮影 木村大作
音楽 林光
美術 村木与四郎
編集 池田美千子
録音 伴利也
スチル 中尾孝
助監督 今村一平
照明 小島真二
製作担当 森和貴秀

キャスト

赤羽長重 鶴田浩二
赤羽つぎ 岩下志麻
清水政治 三浦友和
樋口裕一 田中健
伊吹やえ 中井貴恵
水野春子 大竹しのぶ
有賀喜一 北大路欣也
征矢隆得 地井武男
片桐福太郎 笠智衆
佐藤信次郎 北村和夫
小池直栄 佐藤慶
渡辺 大滝秀治
永沢秀二郎 神山繁
高山健次郎 鈴木瑞穂
俣野角平 下川辰平
樋口裕平 下元勉
樋口けさ 南風洋子
泰二郎 米倉斉加年
河内三左衛門 山谷初男
春子の母 初井言栄
ミチ 服部まこ
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 聖職の碑